ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

ブランド品を買うと必ずついてくる、箱や保管

ブランド品を買うと必ずついてくる、箱や保管袋といった付属物は、基本的に全て残しておいた方が良いようです。

後々その商品を買取店で買い取ってもらおうとした場合にオリジナルの箱や袋を残しているか、そうでないかは、買取店により、またどこの、どういうブランド品であるかによりますが、査定の時に大きな影響を与えますから、金額は大きな差になります。

なので、できれば捨ててしまわずに保管しておくようにしましょう。

それでも捨てたい、というのであればいっそ、ネットオークションで売りに出すというのも、選択肢の一つです。

単なる箱や袋ではなくブランド品のもの、ということもあってそれなりに買い手がつくことが考えられます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

中古のブランド品を買取業者はどのくらいの値段で買い取ってくれるのかというと、それは全く物によりますから見当を付けるのは難しいところです。

ですが査定額を手っ取り早く知りたいという場合、携帯電話やスマホを使ってブランド品を撮影し、画像を業者に送って査定してもらうという方法があります。

この方法だとブランド品をどこかに送ったり、持って行ったりしなくてもよく、専門業者に査定を依頼できて大変便利なものです。

利用者にとってメリットは大きいのですが、そうして提示された査定額は、とりあえずつけられた仮の値段です。

というのも、最終的な買取価格は、実物の状態確認が済んでから決められるものだからです。

バッグや腕時計、アクセサリーなど何でもそうですが、送った画像で確認できなかった部分にキズがあったりした場合はその分は減額の対象となります。

つまり、実物の状態によっては写メ査定の金額から大きく減額されることもある、ということを覚えておきましょう。

個人が、何らかの商品をブランド買取店に買い取ってもらう際、商品以外に必ず持っておかなければいけないのが本人確認のための書類で公的機関から発行されたもの、例えば運転免許証などです。

そういった書類が必要な理由は、ブランド買取店は古物商なので古物営業法に則って営業しています。

この法律により、店に商品を売りに来る人に対し本人確認をする義務がありますので、そのため本人確認書類を店頭で提示するようにお店から求められます。

普段携行していることが多い運転免許証を使う人が多いですが、健康保険証やパスポート、住民票、住基カードも使用可能となっています。

ともかく古物商として、お店としてはまず提示するよう求めてきますから忘れてしまうと、最悪の場合は出直すことになりかねませんので注意しましょう。

オメガはスイス生まれの高級腕時計メーカーで、スピードマスターシリーズはブランドの代名詞といっても過言ではないでしょう。

イクラスのものあれば市場での需要は高く、買取においても良い値段がつくはずです。

ただし、その相場を知っておく必要があります。

ネットなどで下調べもある程度しておかないと、相場より遥かに安い査定額を出してこられた時に、それと分からず売却してしまうと大損です。

もう一つ、買取価格アップのためにキャンペーン期間中のサービスを使う、ということも可能です。

買取店においては、しょっちゅうではありませんが、買取金額を期間限定で何パーセントかアップする、という類のお得この上ないキャンペーン期間を設けることがあります。

殊更に急ぐ理由などがないなら、多少なりとも高めの価格で買い取ってもらうため、キャンペーン期間がスタートするまで待ってから査定を受けるなどの工夫も可能です。

手持ちのブランド品を買い取ってもらう際、ギャランティカード(あるいはギャランティタグ)がついているかどうかは、重要な点です。

真贋をはっきりさせるものですから、ないよりは絶対にあった方が良く、ついていない場合、店によっては買い取りを断られることも珍しくありません。

ですが、これがなくてもお店の鑑定によって、紛うことなく本物であるとされれば、取引可能、というところもあります。

ブランド品の中には、ギャランティカードが付属していないと商品として認められない、というものもあり多くの買取店がHPなどに載せていますから、確認してみましょう。

ですが保証書など、商品に最初からついていたものは、買取店を利用するつもりでいるなら、なるべく紛失しないよう気をつけた方が良いようです。