ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

クロエは、実業家ギャビー・アギョン

クロエは、実業家ギャビー・アギョンにより1952年に立ち上げられたフランスの高名なファッションブランドです。

手の込んだ作りで素材も良く、高級感漂うデザインですが、カジュアルにも合わせることができ、どちらかといえば、若い世代の女性の人気が高いです。

クロエが世界的ブランドとして名声を得るようになったのは、他ならぬカール・ラガーフェルドという、希代の名デザイナーがヘッドデザイナーとして就任したことが、発端となったようです。

クロエの製品を買取店で可能な限り高い値段で売却したい場合は、複数の店で査定を頼み、適正な査定額を提示してくれる店を見つけるのが良いでしょう。

腕時計に関しては、他のブランド品とは少し、買取店での取り扱いが違っています。

以前であればグッチやシャネルの超高級品であっても、ちゃんと作動していないと買い取ってくれるようなお店はない、というのが常識でした。

ところがこういった状況は、大きく変わりつつあります。

壊れていて動かないもの、擦り傷があったり、ベルトの金具が取れているという、決して良い状態とは言い難いクラスのものでも、ブランドの高級品という条件さえクリアしていれば買取OKなお店が増えてきているのが、今の状況です。

ですが、復元不可能なほどに損傷をきたしている時計の場合は、取り扱ってくれない可能性もありますので、買取店に要確認です。

よく売れる有名ブランド物や人気商品のみ店頭に置くことを目指している買取業者の場合、古い物、型落ちしているものなどは取り扱ってもらえないことがあります。

そういうものを売却したい場合は、外箱や内袋などの付属品はおろか、保証書であるギャランティカードがない場合でもつべこべ言わず、買い取りを引き受けてくれるお店を利用するのが良いでしょう。

そういうお店は総じて、買取額が低く設定されているものですから、買取希望の商品を全部そのお店に任せたりせず、手間ではありますが、高額で売却できそうな物は是非、そことは異なる買取店にて売却するよう、強くおすすめ致します。

フランスのパリで生まれた名門ブランド、カルティエは、ジュエリーと高級時計でよく知られ、いくつもの王室のご用達だったこともある一流ブランドです。

あまりブランド名のロゴを派手に配したりはしませんが、それでも見ればカルティエとわかる、そのデザインコンセプトは多彩で、創業時からのものも未だ作り続けている面もあり、カルティエのデザイン性の幅を広げています。

また、確かな品質と高い機能性を兼ね備え、超高級品から手の届きやすい価格のものまで取り揃えて多数販売しています。

このブランドらしい、気品に満ちたジュエリーは特に女性に好まれていて、カルティエを婚約指輪、結婚指輪としてセレクトする人は多く、人気の高さを物語るのですが、人気の高さもあって、買取価格もなかなか高価だということが、よく知られているからでしょうか、贈られたジュエリーをあっさりブランド品買取店に売却する人もいます。

イタリア人グッチオ・グッチが創業した、後にグッチという名を冠するブランドは1921年に生まれ最初はフィレンツェの一レザー工房でしたが、ほどなく店舗を持ち、製品が人気を呼んで成功をおさめていきます。

1951年にアメリカ進出、それから1964年に日本に上陸しました。

ラインナップを見ていきますと、各種バッグや靴、お財布などお約束のレザーグッズから、フォーマルからカジュアルまでのウェア、フレグランス、アクセサリー、腕時計、等々と関わる分野は多く、商品の種類は間口の広さでもあるでしょう。

こういった点もグッチというブランドの特徴です。

ブランドの歴史は複雑で混沌としており、そんな中で、幾人ものデザイナーの手が仕事をこなしてきました。

有名なところではトム・フォードなど。

ちなみに現在のクリエイティブディレクターはアレッサンドロ・ミケーレです。

根強い人気を誇るそんなグッチの商品なら、買取店はどこでも買い取り希望リストの上位に入っているはずで、高額買取が望めるでしょう。