ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

「ブランド品を買い取ってもらおう」と買取店を

「ブランド品を買い取ってもらおう」と買取店を利用する場合、何はともあれ必須なのが本人確認のための書類で公的機関から発行されたもの、例えば運転免許証などです。

なぜそんな書類が要るのか、その訳としては、古物商であるブランド買取店は、古物営業法に従って商売を行ないますが、この法律により古物を買い取る際は相手方の人物確認が必要となるのです。

そのために名前や住所が記載された、本人確認ができる書類を見せることを要求されるのです。

普段携行していることが多い運転免許証を使う人が多いですが、健康保険証やパスポート、住民票、住基カードも使用可能となっています。

ともかくきちんとしたお店である程、確実に提示を求められることになりますので持っていくのを忘れないようにします。

一旦使うことのなくなったブランド品というのは、次の機会が巡ってくることはほぼないと考えていいでしょう。

持っておくだけでは勿体ないですから、売却をおすすめします。

さてそうやって買取業者に売却したいと考えるのなら、出来る限り良い値段になることを期待したいものです。

ところで、買取業者がブランド品につける買取価格というのは、業者ごとに違うのが普通です。

利用する側としては、買取価格がどこよりも高いところを知らなければなりません。

けれども、そう難しくはないので、安心してください。

PCやスマホでアクセスできる、一括査定サイトというものを利用することにより、どの業者の査定額が最も高いかがわかります。

一括査定サイトの入力欄にブランド物の詳しい情報を書き込み、無料で査定が申し込めます。

ネットオークションやあるいはフリマなどで手に入れたブランド物の商品をお店で売却しようとしたところ、なんと真っ赤な偽物だった、ということはたまにあるようです。

こうした場合には、大体はすぐに偽物だと明らかにされ扱ってもらえなくなるはずのところ、間違ってそのまま取引がされてしまうことがあるのです。

偽物を見抜けなかったお店側の責任は大きいとはいえ、流通させるべきでない偽物をお店に持ち込んだことで、トラブル発生もあり得ますから、入手後、買取店で売却することが念頭にあるのなら、ブランド品は正規店で購入するべきですし、面白がって真贋のはっきりしないものを購入しないなど、簡単な自己防衛の意識を持っておくといいかもしれません。

売りたいブランド品が、実際にどのくらいの値段で売れるのかを手っ取り早く知りたいという場合、写メ査定を試してみてはいかがでしょう。

対象となるブランド品を写メで業者に送って査定してもらうというものです。

店頭に足を運んだり、また箱詰めにして送付するなどの手間をかけることなく、幾分か気軽に業者の査定を受けられるのではないでしょうか。

ところで、写メ査定での金額は暫定的なものです。

買取金額が最終的に決まる前に、一度必ず実物の本査定が行われます。

バッグからアクセサリーなどので小物類に至るまで、どれも例外なく、撮影した写真に映り込んでいない場所に何かキズでもあった時には当たり前の事ですが、その数や程度に沿って減額されます。

ですから、写メでの査定額と実際に提示される買取額の差に驚くことになる場合もあり得ます。

新しいブランド品を購入した時、この後いつか売却するためにブランド品買取業者を利用する計画を立てているのであれば、ブランド商品が本物であることを示すギャランティーカード(もしくはギャランティータグ)や、購入時に必ず付属するはずの諸々はできればなくさず、そして廃棄せず、大事にしましょう。

買取業者の査定を受ける際、これらがあるかないかで、結果もかなり変わるだろうからです。

つまり、査定に相当大きな影響があるわけですね。

付属品の中で特に大事にしたいのはギャランティーカードです。

どんな事情であれ、この品質保証書を付けられないのであれば最初から取引自体を断られてしまうかもしれませんから、ぜひ留意しておいてください。

つまり、もしそのブランド物を業者に売る気があるのなら、ギャランティーカードだけは捨ててはいけない、ということです。