ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

誰もが知るバーキン、エルメスのバッグとして

誰もが知るバーキンエルメスのバッグとしてでなく、ただバーキンとして非常に知名度と存在感のあるバッグであり、商品が世に出るきっかけになったエピソードなども、伝説の様に語られており、知る人は多いです。

商品名のバーキンは、女優でありつつ歌手である、ジェーン・バーキンに由来します。

この人が持っていた、たくさんの物が詰め込まれた籐の籠を五代目にあたるエルメスの社長が目撃し、何でも次々に、整理しなくても入れられる、機能性の高いバッグをプレゼントすることにしたのが、バーキンという名作が生まれた理由です。

その人気は絶大なものと言っても過言ではなく、状態の良い美品ならほどほどの高価買取が望めることでしょう。

売れ筋の良いもの、有名ブランドなど人気の高いもの、そういった商品を多く仕入れようとしている買取業者では、古い物、型落ちしているものなどは取り扱ってもらえないことがあります。

そういうものを売却したい場合は、ギャランティカードや外箱といった付属品を紛失していても問題なく買い取りしてくれるような業者の利用をおすすめします。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、すべてまとめて、買い取りを依頼するのではなく、その中に高額買取を望めそうな物があるならそれはまた別のお店で、取り扱ってもらうようにした方が良いでしょう。

知名度の高い、高級宝飾品ブランドであるブルガリと言えば、宝石、時計、アクセサリーなどを扱い、また、後になるとバッグや香水などの、品質の高いものばかりを数多く発表してくれています。

1884年、ローマにてソティリオ・ブルガリが創業したブルガリは、当所は銀細工の店としてスタートしました。

長い歴史を経ていくうち、各国へ進出を果たしていき、世界中に直営店を持つような、巨大ブランドになっています。

特に世間で人気のあるブルガリの時計は、買取店に持ち込めば、本体やバンドに少しくらい傷ついていても、かなりの高額で、買取を行ってくれる店が殆どでしょう。

物を大事に使っていくと、使い込んだことによる風格が出てきます。

ブランド品も同じで、そうして長い間使って、醸し出されたビンテージ感を好ましく、格好がいいと思う人は多いです。

ですが、そういった古い商品を買い取りを希望するなら、話は違ってきます。

きっと売ろうとしても、物が古い為に値段が驚くほど安くなるでしょうし、あるいは、買い取りを断られるということもあるので、心の準備が必要かもしれません。

自身にとっては好ましい、良い物であっても、古い物は長年のダメージもあり、どんなに良い物でも高値はつきません。

ブランド買取においては古い物は重宝されないことが殆どです。

中古のブランド品を、業者に買い取ってもらう場合の買取価格についてですが、まずその商品が新しいか古いかというのは、高額買取になるか否かの、最初の大きな分岐点となります。

むろん、新しい商品の方が古いものよりずっと良い価格になるのは至極真っ当なことだと言えるでしょう。

少しくらい使用された跡が極端に古いものでない限りは、買い取ってもらえることが多いのですが、外見をできるだけきれいに整えることは、やっておいた方が良いです。

最低限、見える範囲の汚れを拭いておく位しておき、靴や鞄でしたら中のほこりも除去し、査定に少しでも影響を与えられるように少しの努力をしておくと良いですね。