ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

中古ブランド品を、買取店で売却してお金に換え

中古ブランド品を、買取店で売却してお金に換えようとする時に最も査定に期待できないものは、洋服であるとされています。

素材や作りがしっかりしていてデザインも良い、といった物だとしても、ブランド自身がマイナーで人気がなければ査定はかなり残念な結果に終わるでしょう。

一度も着たことがなく、値札がついたままのような新しいものであれば人気ブランドに限りますが、高額での買取も期待できるのですが、着用済みならそれだけで、査定金額は激減します。

それから、もはや古着と称していいような、品質表示タグの字が読み辛くなっているものなどは買取額にはまったく期待できませんので、リサイクルショップの利用を考えてみましょう。

中古ブランド品の売却先をどこにするか、お店選びは重要です。

少しでも高く売りたいなら、売りに出したい品物がどういったものなのかによって業者を変更するのは、なかなか良い手です。

誰もが知っていて所有したいと思うような人気ブランド商品であれば、名前の通った大きなチェーン店などを使えば状態の善し悪しもありますが大抵の場合、高額で売却できるようです。

売りたい品物が、知る人の少ないマイナーブランドだったりと、明らかに需要のない物の場合には支店を全国に持つような大手の場合だと、査定すらしてもらえないことも考えられるので、個人経営などの、小さなところを利用することを考えた方が良いようです。

大手と違い、買い取ってもらえる可能性があります。

ブランド買取店で、不要になった商品を売却する時に、何はともあれ必須なのが運転免許証など、本人確認ができる書類です。

どうして本人確認の書類が要るのかというと、ブランド買取店が古物商だから、ということになります。

古物商は古物営業法によって、古物を買い取る相手の本人確認をしないといけません。

ですから身分証明書(本人確認書類)を見せるように言われるのです。

所持している人の割合が大きい、運転免許証が使用されることが多いですが、パスポートや健康保険証、それから住基カードでも可能です。

しかし、きちんとしたお店である程、確実に提示を求められることになりますので持っていくのを忘れないようにします。

手持ちのブランド品が増えていくにつれ自然と使うこともなくなって、放置状態のブランド品も出てきますが、そういったものを、お店にまとめて売りたい、と考えている人もいるでしょう。

ですがその折、お店を性急に決めてしまっては良いことではなく、やめておくのが無難です。

というのも、ブランド品の買い取りは店ごとに、意外と価格の差があるからです。

なので、一つの店にすぐ決めず、色々なところを比べて店を選ぶ方がなるべく良い値段で買い取ってもらえる方法です。

ブランド品買取店が取り扱う商品は、本当に色々あるものの少し毛色の変わったものとして特筆すべきは、ヴィトンやシャネルとったハイクラスのブランドが出したノベルティグッズが挙げられます。

よく見られるのは、鏡、ポーチ、遊び心あふれるおもちゃに至るまでいろいろありますが、主にそのブランドの商品を買うことにより、無料でプレゼントしてもらえるプレミア感あふれるノベルティグッズは実は、販売されていたものでもないのに買い取ってもらえる上、思いがけない高価格がつく可能性もあります。

そんなノベルティグッズをもらったまま放置していませんか?もしあれば、買取店で査定を受けてみると良いでしょう。

正規品の靴やバッグより良い価格がつくこともあります。