ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

ブランド品を買うと必ずついてくる、箱や保管袋と

ブランド品を買うと必ずついてくる、箱や保管袋といった付属物は、基本的に全て残しておいた方が良いようです。

後々その商品を買取店で買い取ってもらおうとした場合にオリジナルの箱や袋を残しているか、そうでないかは、買取店により、またどこのブランドか、どういった商品かによるものの、大きく買取価格に影響します。

箱があるだけで高額買取になったのに、というケースも多いのです。

そういう訳ですから、可能であれば捨てないで大事にしまっておくのが良いのです。

「保存していても意味がない」「必要ない」と思うのであれば、そういったものを必要としている人もいますから、ネットオークションで販売してみるとそこそこの値段で売れる可能性があり、おすすめです。

ブランド品買取店では、多様なブランド品を買取範囲としていますが少し毛色の変わったものとして特筆すべきは、ルイ・ヴィトンやシャネルといった、誰もがよく知る高級ブランドのノベルティグッズがあります。

ブランドロゴが入った鏡やポーチ、ミニタオルだったり、見てるだけで楽しいトランプやスノードームなど、これらはブランドの正規店でも買える物ではなく、商品を購入することで店からプレゼントされるものです。

そんなブランドが粋を凝らした数々のノベルティグッズですが、ピンポイントでほしい物が手に入るというものではないということもあって、コレクターにとっては垂涎のレア物である場合があり、高い査定額がついたりすることがあるのです。

そんなノベルティグッズをもらったまま放置していませんか?もしあれば、一度査定してもらうと、面白い結果になるかもしれません。

お礼とかお祝いを兼ねて、知人からプレゼントされたロレックスの腕時計があります。

不相応かも?と思える程に良い物で、フォーマルな場面などで使っていましたが、自分で選んだ時計を使うようになると、ロレックスもあまり使わなくなりそうやって全く使用しなくなり、磨いて箱に入れ、しまっておきました。

でも、そうやって置いておいても何もなりませんし、ブランド品の買取サービスがあるお店に査定を頼むつもりで、持ち込んでみました。

鑑定士が時計の状態を判定し、市場でどれ程の需要があるかなど複数の要因が組み合わさって最終的に価格が決定するということです。

プレゼントされた当初からずっと持っていた、箱とか保証書も全部まとめて、それから、とりあえずの希望価格をスタッフに申し入れて、そのお店専属の鑑定士による査定を受けることにしました。

物にもよりますが、基本的に中古ブランド品買取業者にとって買取を喜ばれるプラダは、ミラノでマリオとフラテッリのプラダ兄弟によって設立されたイタリアの高級ブランドです。

始めの頃は、店名を「プラダ兄弟」といい、皮革製品の店でしたが、高い品質の商品を作り、王室のご用達となったのです。

その後プラダ衰退の時代が来て、3代目オーナーにミウッチャ・プラダが就任すると状況が好転、ほどなく「日常を贅沢に飾る」をコンセプトにデザインや素材の使い方で革新的な商品を次々に開発して、大きなブームを起こしました。

ブランド品にも色々ありますが、中でも腕時計は少し特殊な部類かもしれません。

少し以前の話ですが原則として正常に動くものしか買い取ってはもらえず、故障でもしていればどんな買取店であれ、買い取ってはくれないケースがほとんどでした。

今ではしかし、状況はかなりはっきりと変わってきています。

針を合わせても時間が狂う、止まってしまっているなど、はっきり故障していたり、見える程度の傷があったり、バンドが千切れてしまったなど、状態の良くないものであっても、人気の高い高級ブランドの腕時計である、というだけで買取サービスの対象となる、そんな買取店も多くなってきています。

ただ、例外もあります。

あまりに損傷が激しい場合は買取を断られることもあり得ますので、店に問い合わせてみると良いでしょう。