ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

これから売却したいと考えているブランド品

これから売却したいと考えているブランド品があり、これを査定に出すとどんな値段になるか手っ取り早く知りたいという場合、スマホなど携帯機器のカメラで売却したいブランド品を撮り、その画像を送付して査定を受けるということもできます。

現物を手元に置いたまま、しかも家にいながら、専門業者に査定を依頼できて大変便利なものです。

しかしながら、そうして業者から提示された査定額は単なる目安だと考えておいた方が良いでしょう。

 最終的な買取金額は、写真ではなくて実物を見た上で決められるからです。

色々考えられますが、バッグ類の内側だったり、小物類の細かい部分など、送った画像で確認できなかった部分にキズがあったりした場合は当たり前の事ですが、その数や程度に沿って減額されます。

ですから、写メでの査定額と実際に提示される買取額の差に驚くことになる場合もあり得ます。

不要になったブランド品を買取店で売却しようとする時に、その商品購入時に付属していたギャランティカードがあるかないかは大きな違いです。

これはもちろん、あるにこしたことはなく、ついていない場合、店によってはその商品の買い取りを断られることもあります。

ですが、これがなくてもお店の鑑定によって、紛うことなく本物であるとされれば、買い取ってくれるところも、なくはないようです。

ブランド品の中には、ギャランティカードが付属していないと商品として認められない、というものもあり買取店が立ち上げているサイトなどを見れば記載があるでしょうから、確認してみましょう。

ですが保証書など、商品に最初からついていたものは、買取店を利用するつもりでいるなら、なるべく紛失しないよう気をつけた方が良いようです。

中古ブランド品を買取店で売却しようとするなら、用意しておく必要があるものと言えば本人確認のための書類で公的機関から発行されたもの、例えば運転免許証などです。

身分証明書が必要な訳ですが、古物営業法という法律により、古物商であるブランド買取店は、商品を売却しようとする人の名前や住所などを確認しなければなりません。

ですからそれらが記載されている書類を見せることを要求されるのです。

多くの人が運転免許証や、健康保険証を使用しますが、パスポートや、それから住基カードでも可能です。

しかし、法を順守しようとするお店であれば、100%提示を求められるはずですから忘れてしまうと、最悪の場合は出直すことになりかねませんので注意しましょう。

買ったばかりのブランド品を手にするのは嬉しいものです。

そんな新品ブランドの購入時、特にこの商品をこの先売却するために買取業者を利用しよう、という心積もりがあるのなら、以下の事に注意しておきましょう。

ブランドによる品質保証書であるギャランティーカードと、商品そのもの以外の付属物、外箱や保護袋などは丸ごとなるべく捨てずに保管しておくべきです。

どうしてかというと、査定の時にこれらの付属品が存在するかどうかによって、相当査定額も違ってくるのです。

一口に付属品と言いましても優先順位は当然あり、絶対に無ければならないのがギャランティーカードです。

これが付いていない品物は最初から取引自体を断られてしまうかもしれませんから、保証書などはぞんざいに扱わない方が良いようです。

コーチは1941年、ニューヨークマンハッタンの高級皮革製品会社に端を発し、今や世界中にファンが多い人気ブランドです。

日本でもその人気は大変高く、名前をよく知られており、レザーやキャンパス地のバッグや財布に、Cの文字が組み合わさったロゴパターンが配されたものはすぐにコーチだとわかり、目につきますただその人気と、見た目がわかりやすい、という面もあって偽物が多く作られていて、なので、正規店で購入した方が間違いがありませんし、そうでないところから購入するつもりなら本物かどうか気をつけてください。

うっかり偽物を購入してしまうと、当然ながら、買取店では取り扱いを断られることになります。