ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

1914年といえば第一次世界大戦の始まった

1914年といえば第一次世界大戦の始まった年ですが、バレンシアガはこの年、バスク地方出身のスペイン人、クリストバル・バレンシアガというデザイナーにより創業されたブランドです。

1930年代には、パリに本社を移転したので、そのため、スペインで生まれたスペイン人によるブランドですが、フランスのファッションブランドです。

ラグジュアリーブランド、つまりルイ・ヴィトンエルメスのように、ハイクラスのブランドとして存在し、服飾、バッグ、靴などをはじめ、宝飾、香水、時計など、ファッションに関連した様々な商品を取り扱っています。

中古ブランドを買い取るお店では、バレンシアガのバッグ、財布、小物などについては、かなりの高額買取になる可能性が高いです。

手持ちのブランド品が、買取店の査定でどんな値段がつくのか気になるところですがほぼ間違いなく高値がつくのは、査定の時点で中古市場における人気が高く、購入を希望する人が多い商品なのです。

以前どれだけ絶大な人気を誇っていたとしても、現在の時点ではさっぱり人気がないという場合には、まず、高い値段になることはなさそうです。

こういった買い取りの基準になることをわかっていないから「状態も良いブランド品なのに、どうしてこんな値段に?」と思ってしまうことが結構あるようなのです。

現在の人気の高低で査定額が決まるようなもの、と知れば、買取店を利用して査定を受ける際、過大な期待をせずに済みます。

中古ブランド品を、買取店で売却してお金に換えようとする時に最も査定に期待できないものは、洋服であるとされています。

品質は極上、デザインも好ましい、といった商品であっても、よっぽどの大人気ブランドの、しかも人気商品でない限り査定はかなり残念な結果に終わるでしょう。

値札がついたままの未使用品でしたらまだ、満足のいく買取金額になることもあるでしょう。

でも、新しくても着たことがあれば、査定額は格段に落ちるでしょう。

着古して、長年の風合いが出てしまっているような服になるともうほぼ値段はつかないもの、と考えておきましょう。

使っているうちに、次々ブランド品が増えていき、そのうちに使用することがなくなり、収納してあるだけ、という物もやがて増えてしまいます。

それらを、せっかくのブランド品だからと、買取店に売ってお金にしようとする人は増えています。

ですけれど、あまり深く考えずに買取店を選んでしまうというのはいけません。

でないと思わぬ損をするかもしれません。

どうしてかというと、こういった買取店というのはそれぞれに、つく値段がそれぞれで結構違うものだからです。

という訳で、買い取りを行う店は一つに絞らず、複数店から選んで決定するのが、いくらかでも得ができる方法なのです。

ブランド品の数が多い、重い、あるいは大きい等で移動が難しい、または介護や育児でなかなか外出できない等の事情があるなら、出張サービスがありますので、利用してみると良いでしょう。

大型のスーツケース、または移動させるのが難しい物を買い取ってほしいという向きが利用することが多いです。

住居、あるいは職場など、商品のある場所に出張してきてもらってその場で査定を受け、金額に納得がいけばその料金を受け取ります。

ただし、女性が一人で住んでいるため、男性が自宅に入ってくるのは好ましくない、等といった事情があるなら、女性バイヤーに来てもらえるよう、あらかじめ言っておくと良いでしょう。