ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

学生さんなどの若い人がブランド品を使いこなしている

学生さんなどの若い人がブランド品を使いこなしている光景も、そう珍しい物ではなくなってきましたが、買取店でブラド品を売ることは実は年齢制限があることを知っておきましょう。

買取店によって少しの違いはあるようで、20歳に達していない未成年は買取サービスを利用できない、とするところだったり、取引に保護者が同意していることを示す書類を持っていれば18歳以上、20歳未満の人との取引を認めてくれるなどといったお店もあり、その対応は様々です。

未成年の人が、買取店を利用しようと考えているなら、そのお店の情報、特に年齢制限のところなどはチェックしておく必要があります。

買取店で中古のブランド品を買い取りしてもらおうとする時、用意しておく必要があるものと言えば名前や住所、年齢などが証明できる運転免許証などの、いわゆる身分証明書です。

身分証明書が必要な訳ですが、ブランド買取店は古物商なので古物営業法に則って営業しています。

この法律により、店に商品を売りに来る人に対し本人確認をする義務がありますので、そのため本人確認書類を店頭で提示するようにお店から求められます。

所持している人の割合が大きい、運転免許証が使用されることが多いですが、パスポートや健康保険証、それらがなければ住民票でも大丈夫ですが、古物商として、お店としてはまず提示するよう求めてきますから持っていくのを忘れないようにします。

なるべく賢い使い方をしたいブランドの買取業者ですが、利用の時期については何時でも一緒、という風に多くの人が考えているようです。

けれども、その考えは正しくありません。

多くの買取業者は営業努力の一つとして時折、多様なキャンペーンを行うのが常で、その期間中に利用するとキャンペーン内容によっては査定額が通常より上がる物すらあります。

どういったものなのか、その内容を見てみると、10パーセントほど査定額を上げてくれるものや貯めるとプレゼントなどのサービスがある、お店限定のポイントをたくさんつけてくれるポイントプレゼントキャンペーン、そして様々な場面で使用可能なクオカードをプレゼントしてくれるクオカードプレゼントキャンペーンなどがあり、HPなどでキャンペーン時期や内容を見てみるのも、お店選びの参考になるでしょう。

手持ちのブランド品を買い取ってもらう際、保証書であるギャランティカードの有無は大事なポイントとなります。

本物であるとの保証ですから、あった方が良いには違いなく、ついていない場合、店によっては買い取りを断られることも珍しくありません。

とはいえ、そういったものがついていなくても、間違いなく本物であるとお店で鑑定されたなら安値になることが多いですが、買い取ってくれることもあります。

ブランド品の中には、ギャランティカードが付属していないと商品として認められない、というものもあり各々の買取店がHPなどに掲載しているので、参考にしましょう。

ただ基本的には新品で購入した時、商品についていたものは取っておいた方が良いでしょう。

ブランド品の数が多い、重い、あるいは大きい等で移動が難しい、もしくは事情で家を空けられない、という時には、ブランド買取業者の出張サービスを使うのが、最も合理的でしょう。

旅行用の大きなスーツケースだったり、あるいは大量の靴やバッグなどを買い取ってほしいという向きが利用することが多いです。

住居、あるいは職場など、商品のある場所に出張してきてもらってその場で査定を受け、金額に納得がいけば売却分の料金を受け取って売買は終了、という流れです。

それから、女性だと住居スペースに男性を入れることに、警戒感を持つ人もいるでしょうから、そういう時は、同性のスタッフに出向いてもらうよう先に言っておくと、配慮してもらえるでしょう。