ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

ネットオークションやあるいはフリマなどで手に入れたブラ

ネットオークションやあるいはフリマなどで手に入れたブランド物の商品をお店で買い取ってもらおうとしたら、その商品が本物を騙った偽ブランドだった、ということがあります。

こういった時、普通すぐに査定員が見つけてこの品物は扱えない、と買い取りをお断りされてしまうはずなのですが、まかり間違って買い取られることがあるのです。

この事が後で問題になることもあり得ますから、後に買取店を利用するつもりがある場合は、ブランド品の購入は正規店など、信用できるところからにしましょう。

それに、安いからと言って、本物かどうかわからない商品などを買わないなど、簡単な自己防衛の意識を持っておくといいかもしれません。

ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する人もいれば、近い将来、手放して換金するため買取業者を利用しよう、という心積もりがあるのなら、以下の事に注意しておきましょう。

ブランドによる品質保証書であるギャランティーカードと、ブランド物を買った時に商品に付属していたもの、箱から袋も捨てずに取っておくことが重要です。

どうしてかというと、査定の時にこれらの付属品が存在するかどうかによって、査定の結果が全く違ってくるということが、よく知られているからです。

付属品の中で特に大事にしたいのはギャランティーカードです。

どんな事情であれ、この品質保証書を付けられないのであれば商品価値は大きく下がります。

最初から取引してくれないこともあり、保証書などはぞんざいに扱わない方が良いようです。

どちらかというと若い世代に人気のあるヴィヴィアン・ウエストウッドは1970年代のロンドンで生まれたファッションブランドです。

ともすると前衛的という言葉で集約されてしまうヴィヴィアンですが、上品さと可愛さを両立させたデザインで、ブランドロゴの王冠と地球の宝玉を模したアクセサリー類はファンが多いです。

ヴィヴィアン・ウエストウッドの商品は服飾がメインのようですが、それだけではなく、バッグ、靴、時計やアクセサリー、といったものなど多様なラインナップを見せています。

日本においても、若い世代に集中している傾向はあるものの人気は高く、しかしながら、買取店においてその商品は高い値段での買取対象となるものと、ならないものがあるでしょう。

高価でなかなか買えなかったブランドの靴をやっと手に入れ2、3回履いて出かけたところ、足に合わないのか、履くと必ず靴擦れができるので履けない、なんて経験のある人もいるかもしれません。

合わない靴は本当に仕方がありません。

こういった、履くに履けない靴が家にあるなら、最近よく話題になる、ブランド品を買い取るお店を利用してみるのが良いでしょう。

そうする場合は、なるべく早めにした方がいいです。

保管状況にもよりますが、靴は手入れもせずに置いておけばせっかくのブランド靴も劣化し、商品としての価値が落ちていきます。

けれどもまだ何度か履いただけ、それに、キズもカビもなくて、よい状態で置いておけたら、想像以上の高値がつくこともあります。

買い取り商品を選ぶ業者、つまりお店にとって良い商品、売れる見込みのある商品のみ仕入れるための工夫している買取業者などでは、古くて形の崩れているものや、型落ち製品といった物は査定の対象にされず、取り扱いを断られる可能性が高いです。

こういうタイプの店で買い取りをしてもらえなかった商品を、それでもまだ買い取ってもらいたいなら、ギャランティカードや外箱といった付属品を紛失していても買い取りをしてくれる、そういった業者を選ぶのが良いようです。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、すべてまとめて、買い取りを依頼するのではなく、その中に高額買取を望めそうな物があるならそれは是非、そことは異なる買取店にて売却するよう、強くおすすめ致します。