ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

今から約百年ほど前の1914年、バレンシア

今から約百年ほど前の1914年、バレンシアガは、バスク系スペイン人、クリストバル・バレンシアガによりスペインで創業されたブランドです。

ブランド設立後、内戦を理由にスペインからフランス、パリへ本拠地を移し、スペイン生まれですが、フランスのファッションブランドとして知られています。

ラグジュアリーブランド、つまりルイ・ヴィトンエルメスのように、ハイクラスのブランドとして存在し、服飾をはじめ、バッグ、靴など皮革製品、宝飾、香水、時計等々、さまざまな商品を揃えています。

中古ブランドを買い取るお店では、バレンシアガのバッグ、財布、小物などについては、かなりの高額買取になる可能性が高いです。

中古ブランド品を、買取店で売却してお金に換えようとする時に査定額に期待してはいけないものとしては、洋服が断トツです。

例え、縫製がしっかりしていて素材も良質、デザインも良い、という服でもよっぽどの大人気ブランドの、しかも人気商品でない限り査定はかなり残念な結果に終わるでしょう。

値札がついたままの未使用品でしたら人気ブランドに限りますが、高額での買取も期待できるのですが、着たことがある物だったら、それでもう査定額に期待はできなくなります。

着古して、長年の風合いが出てしまっているような服になるともう残念ながら、ほとんど値段はつかないでしょうから、リサイクルショップに持ち込んだ方が良いかもしれません。

新しいブランド品が手に入れば、古い物は出番がなくなってしまうのが常です。

もう使うことがないなら置いておくだけでは勿体ないですから、売却してしまうことも考えてみませんか。

ネットの広告であったり、またテレビCMでも知られるようになってきて世間での認知度も上昇中の、こういった買取業者の利用が中古のブランド品を現金化したいならとても便利なので覚えておくと良いでしょう。

時間のない人にとっては特に便利な点ですが、店に直接行かなくても、売却を希望するブランド品の査定を受けることができます。

そして万が一、業者のつけた値段が満足のいくものでなかったなら、査定その他の手数料や発送料は請求されずに持ち主に返品されるようになっており安心して利用できますね。

買取業者に手持ちのブランド品の査定を頼んだら、一体どれ程の値段がつくのかをともかく簡単な手段で知りたいと考えるなら、携帯電話やスマホを使ってブランド品を撮影し、画像を業者に送って査定してもらうという方法があります。

お店に現物を持って行ったり、送付したりしなくても、相当気楽に査定を受けられますので、人気があります。

ところで、写メ査定での金額は暫定的なものです。

というのも、最終的な買取価格は、実物の状態確認が済んでから決められるものだからです。

バッグや腕時計、アクセサリーなど何でもそうですが、送った画像で確認できなかった部分にキズがあったりした場合はその分は減額の対象となります。

つまり、実物の状態によっては写メ査定の金額から大きく減額されることもある、ということを覚えておきましょう。

その道のプロでもない限り、なかなか中古ブランド品の価値を正確に知ることは難しいものです。

ブランド名、人気などといった諸々の要素が重なって普通の人が一見して判るようなものではありません。

ですから、使っていないけれど保管している、そんなブランド品に、意外に高い値段が査定の結果付いたりするというようなことだって、ないわけではありません。

もちろん、それ程おいしい話ばかり転がっている訳ではありませんが、使わずに置いているだけのブランド品があれば、気楽に査定を受けたら、面白い結果が得られるかもしれませんよ。

単なる中古ブランド品だったはずなのに、思わぬ理由で高い値段がつくような物にいつのまにか化けていた、なんてこともあり得ますよ。