ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

物の価値というのは難しいものです

物の価値というのは難しいものです。特に中古ブランド品の価値に関しては、人気によっては高値が付いたり、元の値段からは考えられないほど低い値段になったりとそれ程たやすくわかるものではありません。ですから、使っていないけれど保管している、そんなブランド品に、ちょっと意外な程の高値が付くようなこともあり得るわけです。いい話ばかりではないにせよ、そして売買の話が最後まで進むかどうかはともかく価値の知りたいブランド品などがあるなら一度、査定を頼んでみたら如何でしょう。

ただのブランド品だったものが、プレミアがついて結構な高額品に化けているかも、と思うと楽しいですね。

新しいブランド品を購入した時、この後いつか売却するために買取業者を利用しよう、という心積もりがあるのなら、品質保証書であるギャランティーカードといった、買った時についてくる物、外箱から保護袋なども保存しておいた方が良いです。買取業者の査定を受ける際、これらがあるかないかで、結果もかなり変わるだろうからです。

つまり、査定に相当大きな影響があるわけですね。中でも、最も重要なアイテムがギャランティーカード、すなわち保証書であり、これを付けていない場合は最悪の場合は偽物の疑いすら持たれてしまい、買い取りを拒否されることもありますし、気をつけた方が良いでしょう。

今持っているブランド品を買取業者に持ちこんでみたらいくら位で売れるのか、知りたいですよね。

おおまかな値段をともかく簡単な手段で知りたいと考えるなら、スマホなど携帯機器のカメラで売却したいブランド品を撮り、その画像を送付して査定を受けるということもできます。

現物を手元に置いたまま、しかも家にいながら、専門業者に査定を依頼できて大変便利なものです。

ところで、写メ査定での金額は暫定的なものです。

正確な買取価格は、写真ではなく実物の査定を受けた上で出てくることになっています。

例えば、バッグの中やアクセサリー類の裏側といったように、査定のために送った写真上では確認し辛い場所に瑕疵、欠損が見つかった時は当たり前の事ですが、その数や程度に沿って減額されます。

ですから、写メでの査定額と実際に提示される買取額の差に驚くことになる場合もあり得ます。ブランド品を買い取ってくれるお店を、便利に使う方法として、近頃では宅配買取のサービスがあり、店頭まで足を運ぶ手間暇を全くかけずに済み、楽にブランド品を買い取ってもらえることになります。

お店に買い取りを申し込むことで、配送用の段ボール箱などが送られてきますから、そこに買い取ってほしいブランド品を詰め込んで送付し、お店では送ってきたもの全部を査定します。査定してほしいブランド品が多数ある場合や、店まで行く暇がないのなら、宅配での買い取りも、考えてみては如何でしょうか。商品の保証がしっかりしていないネットオークションやフリマなどで買ったブランドものの商品をお店で売却しようとしたところ、実はそれが本物と見紛うような偽物だった、ということはままありますが、査定員によってすぐ偽物だと判定されて買い取れない、ということを伝えられることになりますが、滅多にないこととはいえ、取引が成立したこともありました。

査定員が偽物を見分けられず、買い取りを拒まなかったのが原因とはいえ、持ち込んだ側の責任もあり、ちょっとした問題になることもあるでしょう。

ですから、入手後、買取店で売却することが念頭にあるのなら、ブランド品は正規店で購入するべきですし、オークションなどで、安い偽物などに引っ掛からないようにするようにした方が良いでしょう。