ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

不要になったブランド品を買取店で売

不要になったブランド品を買取店で売却しようとする時に、その商品購入時に付属していたギャランティカードなど、保証書となるものがあるかどうかは大事なことです。

真贋をはっきりさせるものですから、ないよりは絶対にあった方が良く、ついていない場合、店によってはそもそも買い取ってもらえない、ということも普通にあります。

とはいっても、そういうものがない商品でも、お店の方で本物と判断された場合は、価格は落ちるものの、買い取りしてくれることもあるということです。

買い取りの時にギャランティカードなどの保証書が必要とされる品物について買取店のHPなどを見ると具体的な商品名などがわかるので、見ておきましょう。

ただ、ギャランティカードに限らず、購入時の付属品の有る無しは買取価格に大きく響くということを覚えておきましょう。

あこがれのブランドの高価な靴を買ったものの、履いてみると、足に合わないのか、履くと必ず靴擦れができるので履けない、というようなことは、残念ながらよくあります。

せっかくの高い靴なのに勿体ないことです。

そんな履けない靴を持っている人は、所有はあきらめて、いっそブランド買取業者に買い取ってもらいましょう。

買い取ってもらうつもりになったら、あまり遅くならない方がいいかもしれません。

靴は手入れをしないで適当に保管しておくとどんなに良いものであったとしても、くたびれていくばかりです。

ほとんど使用せずにいて、目立つようなキズもなく、もちろんカビが生えてもいない、見た目が美品であるなど良い条件が揃っていれば、結構な値段で買い取ってもらえるはずです。

売りたいブランド品の点数が多い時、それから様々な理由により外出できない時は、ブランド買取業者の出張サービスを使うのが、最も合理的でしょう。

大型のスーツケース、または移動させるのが難しい物を買い取ってほしいという向きが利用することが多いです。

商品のある自宅や職場まで買取業者に来てもらい、査定を受けます。

点数が多ければ、それなりの時間がかかるので余裕を見ておきましょう。

査定結果が出て、金額に不満がなければそこで支払いが行われ、売買成立という訳です。

ただし、女性が一人で住んでいるため、男性が自宅に入ってくるのは好ましくない、等といった事情があるなら、女性バイヤーに来てもらえるよう、あらかじめ言っておくと良いでしょう。

バーキンは、エルメスのバッグの中でも、知名度は抜群に高く、バーキンが誕生したエピソードは、エルメスファンでなくても知っている程有名で、バーキンという商品名は、女優でありまた歌手でもあるジェーン・バーキンに依ります。

ジェーン・バーキンが籐の籠に物をたくさん詰め込んで使っているのを当時のエルメスの社長がたまたま見かけ、彼女の様な人が使いやすく、耐久性の良いバッグをプレゼントさせてほしいと申し出た、というのが名作バッグ誕生のそもそもの発端でした。

バーキンといえば、長期にわたって人気が続いている大定番ですから、状態の良い美品なら高い値段がつくことになるでしょう。

新品であればともかく、中古となったブランド品の価値というのはそれ程たやすくわかるものではありません。

ですから、使っていないけれど保管している、そんなブランド品に、思いがけない高値がつけられるといったケースも珍しくはないのです。

売買が成立するかどうかはともかく、ブランド品のストックがあるのなら、試しに査定を頼んでみたら如何でしょう。

ただのブランド品だったものが、プレミアがついて結構な高額品に化けているかも、と思うと楽しいですね。