ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

手持ちのブランド品が、買取店

手持ちのブランド品が、買取店の査定でどんな値段がつくのか気になるところですが高い値段がつけられるような物というのは、今時点で、高い人気のある需要の高い商品となっています。

昔すごく人気があって、誰もが憧れたというような品物であれ、今はあまり人気がない、即ち需要がない物の場合は、まず、高い値段になることはなさそうです。

こういった買い取りの基準になることをわかっていないから「状態も良いブランド品なのに、どうしてこんな値段に?」と思ってしまうことが割と多いのです。

中古ブランド品の査定額は、人気の有無を反映するということを理解しておきさえすれば、買取店を利用して査定を受ける際、過大な期待をせずに済みます。

ベネチアの工房、という意味のブランド名を持つボッテガ・ヴェネタは、イタリアのファッションブランドで1966年の創業です。

商品は主に皮革製品を中心とし、デザインは特徴的なイントレチャート、つまり編み込み模様が有名です。

加えて、バッグ、財布などの形そのものはむしろ質素に見える程シンプルで、ロゴでの主張はなく、高い品質の革製品で、ずっと持っていても良い道具を持つ喜びを得られるでしょう。

そして、カラーバリエーションが揃っており、色違いのものをカップルで持つことができるからか、プレゼントとしても人気があります。

持っているだけで使っていない、使う予定もない、というボッテガがあれば、買取店を利用すると、人気上昇中のブランドですから、なかなかの高額買取になるでしょう。

世界的に人気のある有名ブランドであったり、人気の高い定番商品を数多く仕入れようとしている買取業者では、少し古めの商品や、今では作っていない型落ち製品などは取り扱ってもらえないことがあります。

そういうものを売却したい場合は、買い入れの時、あまり商品に頓着しない、例えばギャランティカードすらなくても買い取ってくれる、ある意味ゆる目の業者を利用すると良いかもしれません。

難点があるとすれば、査定額が少々低めになることが多い点です。

なので、何もかもまとめて買い取ってもらわず、高額買取の目がある商品に関してはまた別のお店で、取り扱ってもらうようにした方が良いでしょう。

当初はパリ郊外にある鞄店だったヴィトンは、今やバッグ、財布など多彩な製品を扱う世界有数のファッションブラントとなりました。

ちなみに、ルイ・ヴィトン創始者の名前で、この人はスーツケースを作る職人でした。

誰もが良く知る、LとVのアルファベットを組み合わせたモノグラムは、長くルイ・ヴィトンの製品を飾る模様となっており、ヴィトンのトレードマークともなっている柄は形状と相まって、落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

ヴィトンを好む人たちの年齢には偏りがなく、長く人気を支えていますが、ファンの中には、時折出る新作や、限定品などをまめに購入する向きもあり、手持ちのヴィトンを買取店で売って換金し、話題の新作を買うことにしている人もいるようです。

アメリカはニューヨークマンハッタンで生まれたブランド、コーチは元は単なる高級皮革製品を作る会社でしたが、経営戦略が大変上手くいったこともあって、世界的ブランドに成長しました。

ご存知のように日本においても人気は高く、シンプルですが特徴的なコーチの「C」を使ったパターン地はどこでもよく見かけます。

人気が高いおかげで、偽物も多いようで、そんな訳で購入はなるべく正規店を利用した方が安全なのですが、正規店以外で買うなら真贋を気にした方が良いでしょう。

うっかり偽物を購入してしまうと、当然ながら、買取店では取り扱いを断られることになります。