ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

ずっと大事にするつもりでブランド品を購入す

ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する人もいれば、近い将来、手放して換金するため買取業者を利用しよう、という心積もりがあるのなら、ブランド商品が本物であることを示すギャランティーカード(もしくはギャランティータグ)や、購入時に必ず付属するはずの諸々は捨てずに取っておくことが重要です。

なぜなら、業者の査定において付属のあれこれがないとなると、査定額が大きく変わることが考えられるからなのです。

一番大事なのはギャランティーカード、つまり品質保証書のことですが、これがなければ業者によるものの、そもそも扱ってくれない、ということもあるため、保証書などはぞんざいに扱わない方が良いようです。

数あるブランド品の買取業者のうち、どこを選ぶかによって得られる金額に差が出てくるかもしれません。

利用においては、その品物がどういうものなのか、それにより業者を変更するのは、なかなか良い手です。

常に需要の高い人気商品、人気ブランドを売りたいなら、規模の大きい業者を利用することで高い値段がつき、買い取ってもらえるケースが多いとされています。

しかし売りたい品物がよく知られたブランドではなかったり、人気の薄いものだったりすると大規模なお店だと「扱っていないから」と断ってくるかもしれません。

そんな時は、名前の通っていない中小規模、あるいは個人経営のお店などをここでは選択するべきでしょう。

少なくとも大手のように、すぐに断られるということはないようです。

1921年といえば第一次世界大戦が終わった頃です。

イタリア生まれのグッチオ・グッチが創業したのがこの年で元々はフィレンツェの皮革工房でした。

世界的に有名なイタリアンブランドとなり、最早知らない人はいないでしょう。

その商品を見てみると、お馴染みのバッグ、靴、財布などといった革製品は当然として、フォーマルからカジュアルまでのウェア、フレグランス、アクセサリー、腕時計、等々と実に手広く、商品の類を見ない多さというのも、特徴の一つです。

ドラマチックな変遷を経ていくグッチ、その中で、デザイナーたちが綿々と仕事をしてきました。

特にトム・フォード、今のグッチがあるのは彼のおかげかもしれません。

そんなグッチの商品は、ブランド品買取店ならどこであれいつだって、高水準の査定価格で対応してくれることが多いはずです。

以前、誕生日プレゼントにロレックスの時計をもらったのです。

しばらくは使っていましたがいつしか完全に、お蔵入りになってしまいました。

ですが良い物だし、このままでは宝の持ち腐れというものです。

そこで、そういったブランド品には詳しいであろう、ブランド品買取店に持ち込み、査定してもらおうと思いました。

鑑定士がプロの目で状態をチェックし、一方でその商品の市場における人気の具合などいくつかの要因を考えあわせることで買取価格という結果が出ることになるそうです。

ずっと保管し続けていた箱、保証書を添え、また、事前にネットで軽く調べておいた、他の人の口コミから得た買取価格を希望価格として伝えた上で、そのお店専属の鑑定士による査定を受けることにしました。

中古ブランド品の買取店にとっては、買取を喜ばれるプラダは、ミラノでマリオとフラテッリのプラダ兄弟によって設立された知名度抜群のイタリアの高級ブランドです。

創業時は皮革製品のお店で、その名も「プラダ兄弟」といい、素材にどこまでもこだわる等、品質の高さで評判になり、イタリア王室御用達となりました。

マリオの孫であるミウッチャ・プラダがオーナー(兼デザイナー)に就任すると、ほどなく「日常を贅沢に飾る」をコンセプトにデザインや素材の使い方で革新的な商品を次々に開発して、世界中でプラダのブームが起こりました。