読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

「ブランド品を買い取ってもらおう」

「ブランド品を買い取ってもらおう」と買取店を利用する場合、必要なものとして覚えておいて欲しいのは本人確認のための書類で公的機関から発行されたもの、例えば運転免許証などです。

なぜそんな書類が要るのか、その訳としては、ブランド買取店が古物商だから、ということになります。

古物商は古物営業法によって、古物を買い取る相手の本人確認をしないといけません。

ですから身分証明書(本人確認書類)を提示することを要求されます。

所持している人の割合が大きい、運転免許証が使用されることが多いですが、パスポートや健康保険証、住基カードも使えますし、住民票も本人確認書類として充分効力があります。

何にせよ、まず間違いなく提示することになりますので用意しておく必要があります。

10代にしか見えないような若い人も、ブランド品を身に着けている今日この頃ですが、持っているブランド品を買い取ってもらうには未成年の人はできないことになっています。

買取店によって少しの違いはあるようで、20歳に達していない未成年は買取サービスを利用できない、とするところだったり、ブランド物を売却することに保護者が同意していて、その証明ができれば18歳以上の未成年でも、買取をしてもらえるお店もあります。

それでも買い取りを希望するのであれば、お店のサイトなどを見て、取引可能かどうか調べておいたほうが良いでしょう。

さもないと無駄足を踏むことになるかもしれません。

知名度の高い、高級宝飾品ブランドであるブルガリと言えば、時計、宝石、アクセサリー、比較的新しい時代に入ると香水、バッグなど、ブルガリらしい、高品質のものばかりを生み出し続けております。

1884年、ローマにてソティリオ・ブルガリが創業したブルガリは、当所は銀細工の店としてスタートしました。

徐々に発展し、各国に進出を果たしていって、今や世界中に直営店のある、大ブランドになりました。

特に人気の、ブルガリの時計であれば、買取店に査定してもらうと、多少使い込んでいた位であれば、かなりの高額で、買取を行ってくれる店が殆どでしょう。

ブランド品の数が多い、重い、あるいは大きい等で移動が難しい、もしくは事情で家を空けられない、という時には、ブランド買取業者の出張サービスを使うのが、最も合理的でしょう。

大型のスーツケース、または移動させるのが難しい物を売却したい、という人はしばしば、便利に利用しているようです。

売りたい商品を保管している場所まで業者を呼び、その場で査定となります。

点数が多いと、それなりの時間がかかることもあるでしょう。

査定額に疑問や不服がなければ売却分の料金を受け取って売買は終了、という流れです。

女性が一人暮らしをしているなど、住居に男性を入れたくない場合、女性バイヤーに来てもらえるよう、あらかじめ言っておくと良いでしょう。

特定のブランドのファンの人に多いかもしれませんが、良い道具を長年大事に使い、使い込んだ味が出てくるのを好む人もいます。

確かにそうした革製品などは感じが良いものです。

しかし、そういう古い物をブランド買取店を利用して買い取ってもらうつもりでいるなら、考え直した方がいいかもしれません。

買い取りを希望したとしても、実際には古びた商品ですからおそろしく低い買取額になることはまず間違いありませんし、そもそも査定もしてもらえないことだって考えられます。

経年劣化で留め金が緩んでいる、細かいキズが多数浮いている、紐が切れかかっている、などの理由で、道具としては不良品と言わざるを得ないわけで、そうした品物に値段がつくことはなさそうです。