ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

イタリアのファッションブランド

イタリアのファッションブランド、ボッテガ・ヴェネタはミケーレ・タッディとレンツォ・ゼンジアーロの二人が1966年に立ち上げました。

皮革製品を主に扱っており、デザインは特徴的なイントレチャート、つまり編み込み模様が有名です。

加えて、形状はシンプルで、好ましく思う人は多いでしょう。

そしてロゴを目立たせないのも、このブランドが好きな理由に挙げる人は多いです。

そして、ずっと使用していても飽きがくるものではありません。

一つの商品につき、色のバリエーションも比較的揃っていますから、選択を楽しめますし、またカップルで色違いを持てるので、プレゼントにも良いでしょう。

ボッテガに飽きてしまったのなら、ぜひ買取店に売却をすると良いでしょう。

ちょっとした高価買取になる可能性が高いです。

知人からの頂き物で、ロレックスを持っています。

でも実は、あまり合わないというか自分には重い気がして、殆ど使うことはなくほどなく、完全に使用しなくなりました。

れいなまま箱に入れておいていたのですが、高い物だというのは分かっていますし、さすがに勿体ないので、ブランド品の買取サービスがあるお店に持ち込んで、査定してもらうことにしたのでした。

鑑定士がプロの目で状態をチェックし、一方でその商品の市場における人気の具合などそれらが影響し合って買取価格という結果が出ることになるそうです。

箱や保証書といった、初めからの付属品もすべて一緒にし、また、事前にネットで軽く調べておいた、他の人の口コミから得た買取価格を希望価格として伝えた上で、鑑定士による査定を頼んでみたのでした。

世界的なジュエリーブランド、といえば言わずと知れたカルティエでしょう。

ジュエリーと、高級時計でもおなじみで、幾つもの国の王室御用達ブランドとしても知られ、かつてのイギリス国王ジョージ5世からは「王の宝石商、宝石商の王」という賛辞を得たこともあります。

あまりブランド名のロゴを派手に配したりはしませんが、それでも見ればカルティエとわかる、多彩なデザインは、様々な世代の心をつかみます。

それに、どちらかというと、超高級ブランドというイメージは少なく、機能性のある高品質な、しかも手の届きやすい価格の商品を世に送り出し続けているブランドでもあります。

優雅で気品のあるジュエリーは、特に女性から熱心な支持を受けており、カルティエを婚約指輪、結婚指輪としてセレクトする人は多く、人気の高さを物語るのですが、カルティエのジュエリーは人気が高く買取価格も良いためか、プレゼントされたものを売りに、買取業者を訪れる人も時折見られるそうです。

ブランド品買取店での、腕時計の買取についてですが、少し前までは原則として正常に動くものしか買い取ってはもらえず、故障でもしていればどこの買取店でも買取不可、という場合が多かったのです。

そんな風潮も今は昔、最新の業界内ではかなり事情は変わっています。

というのも、故障した腕時計や、少々古いもの、見える程度の傷があったり、バンドが千切れてしまったという、決して良い状態とは言い難いクラスのものでも、高級ブランド品である、ということであれば、そのことだけで大多数のお店で、買取を行ってくれるようになっています。

とはいえ、限界もあります。

あまりに酷く壊れているものは、買取を拒否されることもありますので、ご注意ください。

「ブランド品を買い取ってもらおう」と買取店を利用する場合、用意しておく必要があるものと言えば運転免許証などの身分証明書で、公的に発行された、名前や住所、年齢が確認できるものです。

そういった書類が必要な理由は、法律(古物営業法)によってブランド買取店は、中古のブランド品を売ろうとしている人の、名前、住所、年齢などを確認する義務があります。

そのために身分証明書を見せるように言われるのです。

多くの人が運転免許証や、健康保険証を使用しますが、パスポートや、また、住民票でも事足りるのですけれど、古物商として、お店としてはまず提示するよう求めてきますから持っていくのを忘れないようにします。