読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

中古ブランド品を、買取店で売却

中古ブランド品を、買取店で売却してお金に換えようとする時に洋服ほど、査定に期待をしてはいけない物はないようです。

素材や作りがしっかりしていてデザインも良い、といった物だとしても、かなりの人気ブランドでないなら査定はかなり残念な結果に終わるでしょう。

未着用の新品で、値札もついているものだったらまあまあ納得の金額になる場合もありそうですが、新しくても着たことがあれば、査定額は格段に落ちるでしょう。

また、数回クリーニングに出していて、品質表示が見えなくなっているようなものだと大変安い買取額になるか、もしくは買い取ってもらえないこともあります。

手持ちのブランド品を買い取ってもらう際、保証書であるギャランティカードの有無は大事なポイントとなります。

これはもちろん、あるにこしたことはなく、ついていない場合、店によってはそもそも買い取ってもらえない、ということも普通にあります。

しかしながら、ギャランティカードがなくても、確実に本物であって、それをお店の方で本物だと認めた時は、買い取ってくれるところも、なくはないようです。

ブランド品の中には、ギャランティカードが付属していないと商品として認められない、というものもあり各々の買取店がHPなどに掲載しているので、一読しておくと良いでしょう。

買取店に売ることを考えているブランド品があれば、ギャランティカードなどの付属品は紛失しないようにします。

中古ブランド品の買取店が高額買取になる可能性がきわめて高いプラダは、1913年に、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟が立ち上げた知名度抜群のイタリアの高級ブランドです。

立ち上げた当初は皮革製品を扱う店で、こだわりの素材を使用し、高い品質を実現させて、しばらくするとイタリア王室のご用達となったのです。

時代は変わり、ミウッチャ・プラダが3代目オーナー、兼デザイナーとなりました。

これにより、そのコンセプトを「日常を贅沢に飾る」とし合理的で巧みな素材の使い方と、デザインの斬新さによって、世界を巻き込む大きなブームを呼びました。

ネットオークションやあるいはフリマなどで手に入れたブランド物の商品をお店で買い取ってもらおうとしたら、実はそれが本物と見紛うような偽物だった、ということはままありますが、プロの査定員が真贋の見分けがつかないはずはなく、すぐにこの品物は扱えない、と買い取りをお断りされてしまうはずなのですが、滅多にないこととはいえ、取引が成立したこともありました。

査定員が偽物を見分けられず、買い取りを拒まなかったのが原因とはいえ、持ち込んだ側の責任もあり、ちょっとした問題になることもあるでしょう。

ですから、ブランド品を購入するときは、さらにそれを後々買い取ってもらうつもりでいるならぜひ、正規のお店を利用するようにし、安いからと言って、本物かどうかわからない商品などを買わないということを徹底しましょう。

ブランド品にも色々ありますが、中でも腕時計は少し特殊な部類かもしれません。

少し以前の話ですが正常に動いていて、外見の状態も良いものしか買い取ってもらえないことが多く、壊れている時計はどこの買取店でも買取不可、という場合が多かったのです。

今ではしかし、状況はかなりはっきりと変わってきています。

というのも、故障した腕時計や、少々古いもの、目立つ傷がついていたり、ベルトが擦り切れているといったような、もはや実用には耐えかねるレベルのものであれ、高級ブランド品である、ということであれば、そのことだけで取り扱いをしてくれる、そんな買取店が今や大半を占めるようになってきました。

とはいえ、限界もあります。

あまりに酷く壊れているものは、買取を拒否されることもありますので、ご注意ください。