読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

新しいブランド品を購入した時、

新しいブランド品を購入した時、この後いつか売却するために主にブランド品を扱う買取業者を利用しようと考えているのなら、ブランド商品が本物であることを示すギャランティーカード(もしくはギャランティータグ)や、商品そのもの以外の付属物、外箱や保護袋などは丸ごとできればなくさず、そして廃棄せず、大事にしましょう。

どうしてかというと、査定の時にこれらの付属品が存在するかどうかによって、相当査定額も違ってくるのです。

中でも、最も重要なアイテムがギャランティーカード、すなわち保証書であり、これを付けていない場合は最初から取引自体を断られてしまうかもしれませんから、ぜひ留意しておいてください。

つまり、もしそのブランド物を業者に売る気があるのなら、ギャランティーカードだけは捨ててはいけない、ということです。

買い取り商品を選ぶ業者、つまりお店にとって良い商品、売れる見込みのある商品のみ扱う傾向のあるお店では、古くて形の崩れているものや、型落ち製品といった物は買取店として取り扱いを拒否されるケースが多いようです。

このように買い取ってもらえなかった品物については、ギャランティカードなどの付属品が、何もないような状態のものでもつべこべ言わず、買い取りを引き受けてくれるお店を利用するのが良いでしょう。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、すべてまとめて、買い取りを依頼するのではなく、その中に高額買取を望めそうな物があるならそれはまた別のお店で、取り扱ってもらうようにした方が良いでしょう。

好きで所持し続けているブランド品の数々も、いつのまにか自然と使うこともなくなって、放置状態のブランド品も出てきますが、そういったものを、せっかくのブランド品だからと、買取店に売ってお金にしようとする人は増えています。

でもあまり急いで利用するお店を決定するのはいけません。

でないと思わぬ損をするかもしれません。

なぜなら、店はどこも同じという訳ではなく、出してくる価格が違ってくるからなのです。

なので、一つの店にすぐ決めず、色々なところを比べて店を選ぶ方がなるべく良い値段で買い取ってもらえる方法です。

1914年といえば第一次世界大戦の始まった年ですが、バレンシアガはこの年、デザイナー、クリストバル・バレンシアガによってスペイン国内にて設立されたファッションブランドです。

ブランド設立後、内戦を理由にスペインからフランス、パリへ本拠地を移し、フランスのファッションブランドとして知られています。

ラグジュアリーブランド、つまりルイ・ヴィトンエルメスのように、ハイクラスのブランドとして存在し、服飾をはじめ、バッグ、靴など皮革製品、宝飾、香水、時計等々、さまざまな商品を揃えています。

ブランド品買取店では、バレンシアガのバッグ、財布や小物は、相当良い値段で買い取ってもらえるはずです。

その道のプロでもない限り、なかなか中古ブランド品の価値を正確に知ることは難しいものです。

ブランド名、人気などといった諸々の要素が重なって簡単には判断できない場合が多いようです。

なので、何気なくしまい込んでいるバッグなどに、びっくりするような高い価値があったりするようなこともあり得るわけです。

あえて斟酌せずに、手持ちの品物があるのなら、それにどれ程の価値があるのかどうか知るためにも、査定を受けてみましょう。

ただのブランド品だったものが、プレミアがついて結構な高額品にいつのまにか化けていた、なんてこともあり得ますよ。