ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

バレンシアガというブランドは1914年に

バレンシアガというブランドは1914年に、スペイン人、クリストバル・バレンシアガにより創業されたファッションブランドで、スペイン国内にて設立されました。

後々、本社をパリに移し、そのため、スペインで生まれたスペイン人によるブランドですが、フランスのファッションブランドです。

ハイブランドとしての立ち位置にあり、ラグジュアリーブランドとして企業展開中で、服飾をはじめ、バッグ、靴など皮革製品、宝飾、香水、時計等々、ファッションに関連した様々な商品を取り扱っています。

買取店においては、バレンシアガの製品、特にバッグや財布などは、相当良い値段で買い取ってもらえるはずです。

パリの馬具工房がエルメスの出発点です。

皇帝や貴族を顧客として、商売を行っていました。

1800年代の頃です。

ところが時代は巡り、そろそろ自動車の実用化の芽が出てきていました。

そこでエルメスは、馬車の急激な衰退に対処するべく、馬具工房からその皮革加工の豊富な経験を生かして、バッグ、財布などの皮革製品を扱う会社に転換することによって、激動の時代を乗り切り、時流を読んで、長い歴史を名声を伴って生き延びてきたブランドです。

誰もが知るハイブランドであり、一生ものとして手に入れたい、と考える人も多いようです。

使用していくにつれ、もし飽きたり、使いたくなくなったらぜひ、相当高い金額での買取となるでしょうから、一度査定をしてみてはいかがでしょうか。

フリマやネットオークションなど、あまり信用のおけない入手先から購入したブランドの品物を換金するために買取店で査定をしてもらったら、実はそれが本物と見紛うような偽物だった、ということはままありますが、プロの査定員が真贋の見分けがつかないはずはなく、すぐに買い取れない、ということを伝えられることになりますが、大変稀ながら、取引がされてしまうこともないことはないのです。

偽物を見抜けなかったお店側の責任は大きいとはいえ、流通させるべきでない偽物をお店に持ち込んだことで、トラブル発生もあり得ますから、ブランド品を購入するときは、さらにそれを後々買い取ってもらうつもりでいるならぜひ、正規のお店を利用するようにし、面白がって真贋のはっきりしないものを購入しないことなどを気を付けた方が良いです。

憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエルメスバーキンですが、名称にまつわるエピソードは良く知られており、商品名は女優兼歌手のジェーン・バーキンに由来しています。

ジェーン・バーキンが籐の籠に物をたくさん詰め込んで使っているのを当時エルメスの社長だった人が目にし、彼女の様な人が使いやすく、耐久性の良いバッグをプレゼントすることにし、こうしてバーキンが生まれたのでした。

人気の高いバッグで、とても需要が高いので、きれいな状態のバーキンであるならほどほどの高価買取が望めることでしょう。

ブルガリと言えば、もはや世界の宝飾品ブランドであり、宝石、時計、アクセサリーなどを扱い、また、後になるとバッグや香水などの、ブルガリらしい、高品質のものばかりを発表してくれています。

ブルガリは、1884年にソティリオ・ブルガリによって設立されたブランドです。

元は銀細工の店でした。

商品展開が上手くいったこともあって発展し、今や世界中に直営店のある、大ブランドになりました。

ブルガリの時計に関して言えば、その買取額は本体やバンドに少しくらい傷ついていても、相当良い値段で買い取ろうとする店は多いはずです。