ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

家に保管してあるだけの中古ブラン

家に保管してあるだけの中古ブランド品を、買取業者に任せてみようと考えているならわかりやすい、便利な方法が確立されつつあります。

一例としては、オンラインサービスの一括査定というものがあります。

これを使うことによりどこのお店で一番高くブランド品が売れるのかを知り、利用します。

一括査定サイトからは、簡単に何社かの買取業者に査定を申し込めます。

業者からそれぞれ査定額を提示されるので、こうして一番査定額の大きい買取店を見つけられるのです。

そして実物の査定を受ける前にはぜひ、品物をきれいにしておくことを心がけましょう。

とはいっても、過剰にゴシゴシ拭いたりしてしまうと表面を傷つけることになるかもしれませんから、軽くホコリを払い、乾いた布でやさしく拭くくらいにします。

どちらかというと若い世代に人気のあるヴィヴィアン・ウエストウッドはイギリス人女性デザイナーの名前であり、ファッションブランド名です。

アヴァンギャルドという表現をされることが多いですが、シックな心惹かれるデザインで、ブランドロゴの王冠と地球の宝玉を模したアクセサリー類はファンが多いです。

ヴィヴィアン・ウエストウッドの商品は服飾がメインのようですが、バッグや財布といったものからアクセサリーに靴、ベルト、それから時計や小物の類まで商品展開は多岐にわたります。

このブランドは、日本国内でも人気は高いのですが、ヴィヴィアン・ウエストウッドの商品は、買取店では高い値段での買取対象となるものと、ならないものがあるでしょう。

世界的に人気のある有名ブランドであったり、人気の高い定番商品を数多く買い取ろうとする、商品を厳しく選ぶ目を持つ業者が相手だと、古い物、型落ちしているものなどは取り扱ってもらえないことがあります。

こうした店で買い取りを拒否されたような商品を売りたいなら、外箱や内袋などの付属品はおろか、保証書であるギャランティカードがない場合でもさっくり買い取りを行ってくれる、言わば商品を選ばないタイプの店を利用すると良いです。

ただし、買取額は低目に抑えられることになるでしょうから、何もかもまとめて買い取ってもらわず、高額買取の目がある商品に関しては別のお店で売却するようにしましょう。

憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエルメスバーキンですが、バーキンが誕生したエピソードは、エルメスファンでなくても知っている程有名で、商品名のバーキンは、女優でありつつ歌手である、ジェーン・バーキンに由来します。

物がどんどん詰め込まれて一杯になった籠を使っているジェーン・バーキンを目にした当時のエルメスの社長が、何でも次々に、整理しなくても入れられる、機能性の高いバッグをプレゼントさせてほしいと申し出た、というのが名作バッグ誕生のそもそもの発端でした。

人気の高いバッグで、とても需要が高いので、物の状態にもよるのですが高い値段がつくことになるでしょう。

買い取ってもらおうとしているブランド品について、ギャランティカード、あるいはギャランティタグといった保証書の類は必ずついていなければならないのか、というのは気になるところです。

本物であるとの保証ですから、あった方が良いには違いなく、例外はありますが、ギャランティカードがないと買い取りを断られることも珍しくありません。

とはいっても、そういうものがない商品でも、お店の方で本物と判断された場合は、買い取ってくれるところも、なくはないようです。

ギャランティーカードが必要なブランド品についての情報は買取店のHPなどを見ると具体的な商品名などがわかるので、見ておきましょう。

ただ、ギャランティカードに限らず、購入時の付属品の有る無しは買取価格に大きく響くということを覚えておきましょう。