ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

使わなくなったブランド品も持ってい

使わなくなったブランド品も持っているだけでは宝の持ち腐れ、それなら売って少しでもお金にしたい、と考えていても、行動範囲内に店舗が見当たらない、そもそも、行けるような時間を作ることができないといった人も大勢いるはずです。

そういう時は、宅配買い取りサービスを行っている買取業者を利用するのが便利ですし、楽です。

まずお店に連絡して宅配キットを届けててもらいます。

それを使ってブランド品を送り、お店側は受け取ると梱包をといて品物の査定を行います。

査定が済むと結果のお知らせがあり、査定額に不満がなければ、振り込みでお金が支払われるという仕組みになっています。

中古ブランド品を、買取店で売却してお金に換えようとする時に査定額に期待してはいけないものとしては、洋服が断トツです。

とても品質が良くて、デザインも一般受けしそうに思える服も、よっぽどの大人気ブランドの、しかも人気商品でない限り店で算出される査定額は、かなり低めになるでしょう。

一度も着たことがなく、値札がついたままのような新しいものであればそれ相応に高額買取もあり得るものの、着用済みならそれだけで、査定金額は激減します。

何度も着用し、何度かクリーニングをしたこともあるようなブランド服はほぼ値段はつかないもの、と考えておきましょう。

その業界の関係者でもない限り、中古ブランドものの買い取り価格の相場などはなかなか知るのも難しいものなのですが、有名ブランド、とりわけバッグであれば、その買い取り価格がどのくらいになるのか、ネットで調べてみると簡単にわかってしまいます。

中でも、鉄板の人気を誇る定番商品の場合ですと高い人気をずっと保っていますから、買い取り相場はほとんど変わることなく、予測しやすいのです。

買い取り価格が予想もつかないものとしては、まだ人気がどうなるかもわからないほど新しい商品や、知る人の少ないマイナーなもの、他には流行り廃りの激しいアクセサリーなど、装飾品全般でしょうか。

これらの相場をネット検索で知るのは不可能に近いと思ってください。

一つ一つ査定を受けてみないと、正確な値段は出ません。

一般にフェラガモと呼ばれますが、正式にはサルヴァトーレ・フェラガモでデザイナーの名前がそのままブランド名となっています。

イタリア、フィレンツェでの開業は1927年ですが、それ以前から大勢の顧客のいる程の熟達した靴職人でした。

その品質の高さ優れた機能性によって名を高め、多くの人に信頼されているブランドです。

名声の確立した靴という強みがフェラガモにはあり、商品は靴が中心ではありますが、バッグや財布や小物の展開も見られ、各国コレクションにもブランドとして名を連ねており着々とトータルファッションブランドとしてのイメージを固めてきているようです。

ところで、そんなフェラガモの靴を、あまり履かないまましまいこんでいるなら、人気のあるブランド靴ですから、一度査定してみると良い結果が得られるかもしれません。

数が多ければ、出張買取という手もあります。

ベネチアの工房、という意味のブランド名を持つボッテガ・ヴェネタは、イタリアのファッションブランドで1966年の創業です。

商品は主に皮革製品を中心とし、ボッテガらしいデザインとしては、イントレチャートがあります。

編み込みパターンは正に職人技で、ブランドロゴは目立ちませんし、製品の形状、バッグや財布の形は概してシンプル、高品質、高機能の皮革製品は簡単に飽きることはなさそうです。

色のバリエーションが多いことでも知られており、色違いのものをカップルで持つことができるからか、プレゼントとしても人気があります。

持っているだけで使っていない、使う予定もない、というボッテガがあれば、一度、買取店での査定を受けてみてはいかがでしょうか。

ボッテガは今とても人気のブランドなので、買取額に期待できます。