ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

買い取ってもらおうとしているブランド品について、

買い取ってもらおうとしているブランド品について、ギャランティカード(あるいはギャランティタグ)がついているかどうかは、重要な点です。

真贋をはっきりさせるものですから、ないよりは絶対にあった方が良く、例外はありますが、ギャランティカードがないとそもそも買い取ってもらえない、ということも普通にあります。

ところが実は、ギャランティカード等の保証書が付属していなくても、そのお店の査定員が本物であると鑑定したなら、価格は落ちるものの、買い取りしてくれることもあるということです。

物によってはギャランティカード必須という物もあり、そういった商品に関してはどこの店でも情報をあげているはずですので、見ておきましょう。

ただ、ギャランティカードに限らず、購入時の付属品の有る無しは買取価格に大きく響くということを覚えておきましょう。

買取店で中古のブランド品を買い取りしてもらおうとする時、用意しておく必要があるものと言えば運転免許証など、本人確認ができる書類です。

本人確認書類が必要な理由としては、ブランド買取店は古物商なので古物営業法に則って営業しています。

この法律により、店に商品を売りに来る人に対し本人確認をする義務がありますので、そのため本人確認書類を店頭で提示するようにお店から求められます。

所持している人の割合が大きい、運転免許証が使用されることが多いですが、パスポートや健康保険証、住民票、住基カードも使用可能となっています。

ともかく提示することになるのは確かですから持っていくのを忘れないようにします。

今持っているブランド品を買取業者に持ちこんでみたらいくら位で売れるのか、知りたいですよね。

おおまかな値段を手っ取り早く知りたいという場合、スマホなど携帯機器のカメラで売却したいブランド品を撮り、その画像を送付して査定を受けるということもできます。

現物を手元に置いたまま、しかも家にいながら、幾分か気軽に業者の査定を受けられるのではないでしょうか。

ですが、こうした写メによる査定で出された価格がそのまま、実際の買取価格になるわけではありません。

買取金額が最終的に決まる前に、一度必ず実物の本査定が行われます。

例えば、バッグの中やアクセサリー類の裏側といったように、査定のために送った写真上では確認し辛い場所に瑕疵、欠損が見つかった時は残念ですが、その分買取の値段は下がります。

写メ査定はそういったものだと割り切るべきかもしれません。

物の価値というのは難しいものです。

特に中古ブランド品の価値に関しては、人気によっては高値が付いたり、元の値段からは考えられないほど低い値段になったりとなかなか複雑であることが多いのです。

ですから、使っていないけれど保管している、そんなブランド品に、驚くような査定額が提示されるようなこともあり得るわけです。

売買が成立するかどうかはともかく、使わずに置いているだけのブランド品があれば、気楽に査定を頼んでみたら如何でしょう。

普通の品だとばかり思い込んでいた手持ちのブランド品が、高値で取引される人気の品に変わっている可能性もある訳です。

ブランド品も奥が深いですね。

家に保管してあるだけの、要らなくなったブランド品を専門の業者に買い取ってほしいけれど、近所や知っている範囲にお店がない、それに、お店に訪ねていくような時間がなかなか取れないといったように、お店に行きたいけどなかなか行けないという人もいます。

ですから、そういう時には宅配を使っての買い取りが可能な業者をみつけて利用するのが良いでしょう。

お店の用意してくれる宅配キットで、売りたい商品を送付し、お店側が受け取って査定を行ってくれます。

査定が済むと結果のお知らせがあり、査定額に不満がなければ、商品の料金が振り込まれることになります。

全ての過程を在宅で行うことが可能です。