ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

正規店からでなく、ネットオー

正規店からでなく、ネットオークションなどを通して入手したブランドのバッグや靴などを換金するために買取店で査定をしてもらったら、その商品が本物を騙った偽ブランドだった、ということがあります。

こういった時、普通すぐに査定員が見つけてこの品物は扱えない、と買い取りをお断りされてしまうはずなのですが、間違ってそのまま取引がされてしまうことがあるのです。

売買成立後とはいえ、悪質と判断された場合は、面倒なことになる可能性もありますので、買取店に売ることを予定しているならなおさら、ブランド品を買う時は正規店などを利用し、安いからと言って、本物かどうかわからない商品などを買わないということを徹底しましょう。

有名ブランドの名前としては、シャネルを知らない人はいないでしょう。

シャネルについてですが、1909年、ココ・シャネル(ガブリエル・ボヌール・シャネル)によって創業され、この人が広告塔として自ら先頭に立ち、ブランドイメージに大きく寄与しました。

シャネル・モードという、帽子のお店でしたがそのうち服、香水、化粧品と、取り扱う分野は広がっていきます。

今ではバッグ、靴、時計などと大変多くのシャネル製品が生み出されています。

人気は概して高く、ファンが多くてコレクターも大勢いますので、物にもよるのですが高額買取も期待できます。

有名ブランドの、人気のある商品ばかり仕入れるための工夫している買取業者などでは、古い物、型落ちしているものなどは買い取り拒否される傾向があるようです。

こうして買い取り拒否された商品はどうすれば良いかと言うと、買い入れの時、あまり商品に頓着しない、例えばギャランティカードすらなくてもつべこべ言わず、買い取りを引き受けてくれるお店を利用するのが良いでしょう。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、すべてまとめて、買い取りを依頼するのではなく、その中に高額買取を望めそうな物があるならそれは違うお店を利用して、売却した方が良いです。

買取店でブランド品を買い取ってもらう際の、その商品の買取価格なのですが、価格が違ってくる大きな要因として、商品が新しいか、それとも使い古されたものか、ということがあります。

使った形跡が見あたらないような新品の方が、高い値段がつくというのはきっと予想通りでしょう。

使われた形跡が、ありありとわかる物でも買い取りはしてもらえることが多い訳ではありますけれど、外見をできるだけきれいに整えることは、やっておいた方が良いです。

目で確認できる汚れは布でやさしく拭き取り、中にたまったほこりなどは取るなどして、査定時の印象を良くし、できるだけ査定額がアップすることを目指して簡単に事前準備をしておくと良いでしょう。

ブランド品の買取業者を利用しようとする時に、何時利用しようが、特に変わりはないだろうと「いつ利用するか」ということについては、何も考えていない人が多いようです。

でもそれは違います。

なぜなら、利用にお得な時期は確かにあるからです。

というのも、ブランド品を買い取るお店ではしばしば、キャンペーン期間を設けて、色々とお得な特典を用意し、客の利用を促します。

どんなキャンペーンなのかというと、期間中は査定額を少々アップしてくれる、という嬉しいものであったり溜めると特典のあるポイントが多めにつく、などです。

他にはコンビニなどでも使用できるクオカードをくれるといったサービスもあり、HPなどでキャンペーン内容の確認をしてから利用することを考えても良さそうです。