ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。数ある

大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。

数あるブランド品の中でも、買取店において査定額に期待してはいけないものとしては、洋服が断トツです。

良質の素材で、作りも良くデザインも万人向け、というような服でも、ブランド自身がマイナーで人気がなければ査定はかなり残念な結果に終わるでしょう。

未着用の新品で、値札もついているものだったら人気ブランドに限りますが、高額での買取も期待できるのですが、着用済みならそれだけで、査定金額は激減します。

着古して、長年の風合いが出てしまっているような服になるともうほぼ値段はつかないもの、と考えておきましょう。

買ったブランド品をどうするかは自由です。

長く使い続ける人もいますが、使わなくなったら売却するため買取業者を利用しよう、という心積もりがあるのなら、以下の事に注意しておきましょう。

ブランドによる品質保証書であるギャランティーカードと、商品そのもの以外の付属物、外箱や保護袋などは丸ごと保存しておいた方が良いです。

なぜなら、業者の査定において付属のあれこれがないとなると、相当査定額も違ってくるのです。

一口に付属品と言いましても優先順位は当然あり、絶対に無ければならないのがギャランティーカードです。

これが付いていない品物は商品価値は大きく下がります。

最初から取引してくれないこともあり、その扱いには注意を払っておいた方がいいですね。

物にもよりますが、基本的に中古ブランド品買取業者にとって買取を喜ばれるプラダは、1913年に、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟が立ち上げたイタリアの高級ブランドです。

創業当初の店は「プラダ兄弟」という皮革製品を売る店であり、品質の高い商品が評判を呼び、イタリア王室御用達にまで上り詰めました。

マリオ・プラダの孫娘であり、3代目ミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーとして家業のオーナーになったことで、ブランドが指針とするコンセプトを「日常を贅沢に飾る」とし合理的で巧みな素材の使い方と、デザインの斬新さによって、世界を巻き込む大きなブームを呼びました。

大変高い人気を誇るブランドの一つ、シャネルについてですが、ガブリエル・ボヌール・シャネルという女性によって創業されました。

ココという愛称の方が良く知られていますが、この人が広告塔として自ら先頭に立ち、ブランドイメージに大きく寄与しました。

創業当初はシャネル・モードという名前の帽子屋さんだったのですが、徐々に服、香水やコスメといったように、広く展開するようになり、バッグ、財布、時計など豊富な種類の商品を販売するようになりました。

熱心なファンが多いこともあって、市場での需要は充分ですから、物や状態により違いは出るかもしれませんが大変高く買い取ってもらえる場合も少なくありません。

特に若い世代からの支持が熱い、ヴィヴィアン・ウエストウッドはイギリスのファッションブランドで、創始者である女性デザイナーの名前を冠しています。

革新的、前衛的と称されることが多いのですが、かわいさと上品さを体現しており、ブランドロゴの王冠と地球の宝玉を模したアクセサリー類はファンが多いです。

ブランドとしては服飾中心のように見えますが、ラインナップは豊富で、アクセサリー、バッグ、財布、靴、ベルト、時計、など広がりを見せています。

人気のあるブランドではあるのですが、ブランド品買取店では高い値段での買取対象となるものと、ならないものがあるでしょう。