ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

今時は若い人、それこそ未成年

今時は若い人、それこそ未成年の学生さんであっても、ブランド品を使用している割合は多いようです。

しかし、持っているブランド品を買い取ってもらうには実は年齢制限があることを知っておきましょう。

買い取りを制限される年齢は、店により異なります。

例えば、未成年から買い取りをしない、とするお店や、サインの入った保護者による同意書の類を用意できれば未成年であっても18歳以上で取引を可能とするお店もあります。

未成年の人が、買取店を利用しようと考えているなら、そのお店の情報、特に年齢制限のところなどはチェックしておく必要があります。

中古ブランド品を買取店で売却しようとするなら、必要なものとして覚えておいて欲しいのは運転免許証などの身分証明書で、公的に発行された、名前や住所、年齢が確認できるものです。

どうして本人確認の書類が要るのかというと、古物営業法という法律により、古物商であるブランド買取店は、商品を売却しようとする人の名前や住所などを確認しなければなりません。

ですからそれらが記載されている書類を提示するよう、お店側に求められる訳です。

よく運転免許証が使用されますが、健康保険証でもいいし、パスポートや、また、住民票でも事足りるのですけれど、法を順守しようとするお店であれば、100%提示を求められるはずですから忘れてしまうと、最悪の場合は出直すことになりかねませんので注意しましょう。

今から約百年ほど前の1914年、バレンシアガは、スペイン人、クリストバル・バレンシアガによりスペインで設立されました。

1930年代には、パリに本社を移転したので、スペイン生まれですが、スペインのブランドとはいえません。

ハイクラスの高級ブランド、ラグジュアリーブランドの一つであり、服飾から、皮革製品のバッグ、靴、それに宝飾、香水、時計といったように、商品はファッションにまつわる様々なもので、数が多いです。

ブランド品買取店では、バレンシアガのバッグ、財布や小物は、高値で売ることができるでしょう。

使わなくなったブランド品は、そのままだとまさに宝の持ち腐れというものです。

でも買取業者に売れば、元々の値段とは比べものにならないものの、ある程度のお金になります。

どうせなら少しでも得をしたいですね。

そこでとても役に立つのが、一括査定と呼ばれるネット上で提供されているサービスです。

売却したい品物についての情報を入力すると五社かそれ以上の業者が、その情報を元にした査定額を教えてくれるシステムで、家にいながら余計な手間をかけることなく買取業者ごとの査定額がいくらになるかがわかるでしょう。

それから、もしも査定に疑問や不満があるのなら売買は中止ということで、ただ売らなければいいのです。

以前、誕生日プレゼントにロレックスの時計をもらったのです。

しばらくは使っていましたがそうやって全く使用しなくなり、磨いて箱に入れ、しまっておきました。

でも、そうやって置いておいても何もなりませんし、ブランド品を買い取ってくれるお店に持って行き、売却しようと考えました。

鑑定士が時計の状態を判定し、市場でどれ程の需要があるかなどさまざまな理由が影響しつつ査定価格は決められるそうです。

最初から相場が決まっているものと勘違いしてました。

プレゼントされた当初からずっと持っていた、箱とか保証書も全部まとめて、それから、とりあえずの希望価格をスタッフに申し入れて、そのお店専属の鑑定士による査定を受けることにしました。