ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する人も

ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する人もいれば、近い将来、手放して換金するためブランド品の買取業者を利用することを、あらかじめ計画している人もいます。

もし売却するつもりなら、覚えておいてほしいことがあります。

ギャランティーカードをはじめとして、ブランド物を買った時に商品に付属していたもの、箱から袋も保存しておいた方が良いです。

どうしてかというと、査定の時にこれらの付属品が存在するかどうかによって、査定の結果が全く違ってくるということが、よく知られているからです。

中でも、最も重要なアイテムがギャランティーカード、すなわち保証書であり、これを付けていない場合は商品価値は大きく下がります。

最初から取引してくれないこともあり、ぜひ留意しておいてください。

つまり、もしそのブランド物を業者に売る気があるのなら、ギャランティーカードだけは捨ててはいけない、ということです。

バレンシアガは1914年、バスク地方出身のスペイン人、クリストバル・バレンシアガというデザイナーにより創業されたファッションブランドで、スペイン国内にて設立されました。

スペインの内戦によって、パリへと本拠地を完全に移動しましたので、以降、フランスのファッションブランドとして知られるようになりました。

ハイブランドとしての立ち位置にあり、ラグジュアリーブランドとして企業展開中で、服飾、バッグ、靴などをはじめ、宝飾、香水、時計など、扱う商品は様々です。

買取店においては、バレンシアガの製品、特にバッグや財布などは、高く売却することができるでしょう。

有名ブランドの、人気のある商品ばかり仕入れるための工夫している買取業者などでは、年月を経た古い品物や、型落ちになってしまった物など、需要のない物は買取店として取り扱いを拒否されるケースが多いようです。

このように買い取ってもらえなかった品物については、外箱や内袋などの付属品はおろか、保証書であるギャランティカードがない場合でも買い取ってくれる、ある意味ゆる目の業者を利用すると良いかもしれません。

そういうお店は総じて、買取額が低く設定されているものですから、買取希望の商品を全部そのお店に任せたりせず、手間ではありますが、高額で売却できそうな物は違うお店を利用して、売却した方が良いです。

買取店に、使用しなくなったブランド品を買い取り依頼する場合、ギャランティカード、あるいはギャランティタグといった保証書の類は必ずついていなければならないのか、というのは気になるところです。

これについては、ある方が断然良く、例外はありますが、ギャランティカードがないと最初から買い取りを拒否されることすらあるのです。

とはいえ、そういったものがついていなくても、間違いなく本物であるとお店で鑑定されたなら取引可能、というところもあります。

物によってはギャランティカード必須という物もあり、そういった商品に関しては多くの買取店がHPなどに載せていますから、一読しておくと良いでしょう。

買取店に売ることを考えているブランド品があれば、ギャランティカードなどの付属品は紛失しないようにします。

さてブランド品を業者に買い取ってもらうことにしたとして、どのお店を利用すると少しでも得になるかということですが、売りたいブランド品の、客観的な商品価値の有る無しで利用するお店をこまめに変えるようにすると良いです。

いつでも人気のある有名ブランドの品物ならば、即断で大規模店を選ぶのが良く多くの場合において、高額で買い取りしてもらえるという嬉しい結果となるようです。

ところが、さっぱり買い手のつかないことが予想される、人気のないブランドや商品だと大抵の大手ショップでは、マニュアルによって最初から買い取らないことになっている場合が多いため、そういった所は避けて、あまりメジャーでないところを使ってみるのがセオリーです。

結構なマイナー商品であっても売ることができるかもしれません。