読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

今持っているブランド品を買取業

今持っているブランド品を買取業者に持ちこんでみたらいくら位で売れるのか、知りたいですよね。

おおまかな値段を「できるだけ簡単な方法で知りたい」という人は、スマホなど携帯機器のカメラで売却したいブランド品を撮り、その画像を送付して査定を受けるということもできます。

現物を手元に置いたまま、しかも家にいながら、相当気楽に査定を受けられますので、人気があります。

ですが、こうした写メによる査定で出された価格がそのまま、実際の買取価格になるわけではありません。

買取金額が最終的に決まる前に、一度必ず実物の本査定が行われます。

そして、写メールでの査定にあたって注意したい点ですが、送った画像で確認できなかった部分にキズがあったりした場合はもちろん、写メ送付による査定額からその分だけ、減額されていきます。

不要になったブランド品を買取店で売却しようとする時に、保証書であるギャランティカードの有無は大事なポイントとなります。

これはもちろん、あるにこしたことはなく、店により、あるいは商品がどういうものかによるのですが、保証書の類がない物は最初から買い取りを拒否されることすらあるのです。

とはいっても、そういうものがない商品でも、お店の方で本物と判断された場合は、安値になることが多いですが、買い取ってくれることもあります。

買い取りにおいて、ギャランティカードの付属が絶対条件、という商品もあり、そういったものの詳細については買取店のHPなどを見ると具体的な商品名などがわかるので、見ておきましょう。

ただ、ギャランティカードに限らず、購入時の付属品の有る無しは買取価格に大きく響くということを覚えておきましょう。

アメリカはニューヨークマンハッタンで生まれたブランド、コーチは元は単なる高級皮革製品を作る会社でしたが、今や世界中にファンが多い人気ブランドです。

わが国でも人気ブランドとしてしっかり認知されていまして、バッグや財布、パスケースなど、Cのロゴパターンが規則的に配された装飾はよく知られたデザインで、ひと目でコーチとわかります。

ただその人気と、見た目がわかりやすい、という面もあって偽物が多く作られていて、購入は正規店に限った方が良いのですが、そうしないなら本物かどうか気をつけてください。

そうと知らずに偽物を購入した場合、その商品は、当然ながら、買取店では取り扱いを断られることになります。

ブランド物は好きなのですが、ロレックスは持っていなかったのです。

でもある時にプレゼントされて、良い物で嬉しく、ここぞという時に使うようにしていたわけですが、使用頻度は徐々に減りほどなく、完全に使用しなくなりました。

きれいなまま箱に入れておいていたのですが、高い物だというのは分かっていますし、さすがに勿体ないので、餅は餅屋と言いますから、ブランド品買取店に査定を頼むつもりで、持ち込んでみました。

時計本体の状態に加え、市場での需要の有る無しなどといったそれらが影響し合ってその結果、査定額が決まるそうです。

それ程簡単なものでもない、と初めて知りました。

プレゼントされた当初からずっと持っていた、箱とか保証書も全部まとめて、そして、希望価格を質問されたので、適当な金額を答えて、鑑定士による査定を頼んでみたのでした。

個人が、何らかの商品をブランド買取店に買い取ってもらう際、ぜひともあらかじめ用意しておいて欲しいものがあります。

それは運転免許証など、本人確認ができる書類です。

そういった書類が必要な理由は、ブランド買取店は古物商なので古物営業法に則って営業しています。

この法律により、店に商品を売りに来る人に対し本人確認をする義務がありますので、そのため本人確認書類を提示するよう、お店側に求められる訳です。

普段携行していることが多い運転免許証を使う人が多いですが、健康保険証やパスポート、住基カードも使えますし、住民票も本人確認書類として充分効力があります。

何にせよ、提示することになるのは確かですから用意しておく必要があります。