ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

一般にフェラガモと呼ばれますが、正式にはサルヴ

一般にフェラガモと呼ばれますが、正式にはサルヴァトーレ・フェラガモで創業者の名前がそのままブランド名となっています。

靴作りに対する姿勢は真摯であり、解剖学を学んでまで、履き良い靴を追求しようとしました。

ずば抜けた品質の良さで名声を得ており、人気は非常に高いです。

フェラガモの商品をみると、やはり靴が主力です。

しかしながら、バッグや財布など数多くの製品も作るようになり、パリコレクションにもエントリーするようになるなどトータルファッションブランドとしても認知されています。

ところで、そんなフェラガモの靴を、あまり履かないまましまいこんでいるなら、買取を検討してみると良いでしょう。

何足もあって面倒、という場合は出張買取が便利です。

1914年といえば第一次世界大戦の始まった年ですが、バレンシアガはこの年、バスク系スペイン人、クリストバル・バレンシアガによりスペイン国内にて設立されたファッションブランドです。

ブランド設立後、内戦を理由にスペインからフランス、パリへ本拠地を移し、スペイン生まれですが、フランスのファッションブランドとして知られています。

ハイブランドとしての立ち位置にあり、ラグジュアリーブランドとして企業展開中で、服飾をはじめ、バッグ、靴など皮革製品、宝飾、香水、時計等々、商品はファッションにまつわる様々なもので、数が多いです。

買取店においては、バレンシアガの製品、特にバッグや財布などは、かなりの高額買取になる可能性が高いです。

特に若い世代からの支持が熱い、ヴィヴィアン・ウエストウッドファッションブランドです。

ブランド名は、創始者である女性デザイナーの名前からつけられました。

前衛的、などと評されることの多いデザインですが、そこには上品さ、かわいさといったテイストも見られ、製品にあしらわれるロゴマークも人気があり、これは王冠と地球をモチーフにした宝玉とされています。

商品を見ると、服飾を中心としつつ、バッグや財布、アクセサリーや靴、ベルト、小物、時計と服飾に関わる周辺商品も充実しています。

ブランドの人気そのものは国内でも高いのですが、ヴィヴィアン・ウエストウッドの商品は、買取店では高い値段での買取対象となるものと、ならないものがあるでしょう。

頂き物のロレックスがあります。

ロレックスは初めてだったので珍しさもあって数回使ってみたのですが、しっくりこなくて放置することが増え、いつしか完全に、お蔵入りになってしまいました。

ですが良い物だし、このままでは宝の持ち腐れというものです。

そこで、ブランド品の買取サービスがあるお店に査定を頼むつもりで、持ち込んでみました。

傷があるか、故障してないかなど時計の状態そのものに加え、市場での需要、人気のチェックだったり複数の要因が組み合わさって査定価格は決められるそうです。

最初から相場が決まっているものと勘違いしてました。

元からあった箱と入れっぱなしだった保証書も付けて、それから、とりあえずの希望価格をスタッフに申し入れて、買取店に査定を依頼してみたのです。