ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

特に若い世代からの支持が熱い、ヴィヴィアン

特に若い世代からの支持が熱い、ヴィヴィアン・ウエストウッドはロンドン発祥のファッションブランド名であり、創始者の一人である女性デザイナーの名前でもあります。

前衛的なデザインで知られますが、都会的な上品さを兼ね備えており、王冠と地球の宝玉を表したものがブランドロゴマークですが、これをアレンジした数々のアクセサリーも魅力の一つです。

ブランドとしては服飾中心のように見えますが、ラインナップは豊富で、アクセサリー、バッグ、財布、靴、ベルト、時計、など服飾に関わる周辺商品も充実しています。

このブランドは、日本国内でも人気は高いのですが、買取店においてその商品は少々マイナーな部類に入ることもあって、査定結果は分かれるところでしょう。

ブランド品買取店では、多様なブランド品を買取範囲としていますがちょっと変わったところとしては、ノベルティグッズがあります。

それもルイ・ヴィトン、シャネルなどの有名ブランドのものです。

ロゴ入りの小さな鏡やポーチ、タオルなど実用品もあれば、遊び心あふれるおもちゃに至るまでいろいろありますが、手に入れるためには、そのブランドの商品を購入した際のおまけとして、また購入金額が規定に達した人にだけプレゼントされるしかありません。

こうしたブランドが粋を凝らした数々のノベルティグッズですが、コレクターが大変多く、人気も高いということで、割と良い値段がつくことも多いのです。

ですから、もし仮に所有しているノベルティグッズがあるなら試しに、買取店で査定を受けてみると良いでしょう。

正規品の靴やバッグより良い価格がつくこともあります。

好きなブランド物を買った時のワクワク感、所有できる喜びを味わわせてくれますね。

しかし使い続けられず、大事に保管しているだけになることもあります。

もう使う予定のないブランド品の数々、バッグや靴、財布、時計などについてそういった物の価値を知っているお店に売却して、少しでもお金にしたいと希望する人は多いようです。

しかし、少し気を付けたいポイントがあります。

一つのお店だけを利用するのではなく、複数のところで査定を頼んでみることです。

これで、買取価格を一番高くつけてくれる買取店が判明し、満足のいく売買になることは間違いないでしょう。

買取店で中古のブランド品を買い取りしてもらおうとする時、ぜひともあらかじめ用意しておいて欲しいものがあります。

それは運転免許証など、本人確認ができる書類です。

そういった書類が必要な理由は、ブランド買取店は古物商なので古物営業法に則って営業しています。

この法律により、店に商品を売りに来る人に対し本人確認をする義務がありますので、そのため本人確認書類を店頭で提示するようにお店から求められます。

多くの人が運転免許証や、健康保険証を使用しますが、パスポートや、住基カードも使えますし、住民票も本人確認書類として充分効力があります。

何にせよ、提示することになるのは確かですから持っていくのを忘れないようにします。