ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

ハイブランドと知名度と比べれば少々マイナーの

ハイブランドと知名度と比べれば少々マイナーの部類とはいえ、若い世代を中心に人気を集めるヴィヴィアン・ウエストウッドはロンドン発祥のファッションブランド名であり、創始者の一人である女性デザイナーの名前でもあります。

前衛的なデザインで知られますが、都会的な上品さを兼ね備えており、ブランドロゴの王冠と地球の宝玉を模したアクセサリー類はファンが多いです。

ヴィヴィアン・ウエストウッドの商品は服飾がメインのようですが、それだけではなく、バッグ、靴、時計やアクセサリー、といったものなど広がりを見せています。

ブランドの人気そのものは国内でも高いのですが、買取店でこのブランドの商品を売ろうとしても少々マイナーな部類に入ることもあって、査定結果は分かれるところでしょう。

サルヴァトーレ・フェラガモは、フェラガモと短く呼ばれて親しまれておりますがそのまま創業者の名前です。

イタリア人サルヴァトーレ・フェラガモは10代でアメリカにわたり、靴職人として卓越した能力を発揮して多くの顧客を得た後、イタリアに帰国してフェラガモを創業します。

どちらかといえば名より実、ブランド名もありますが、その品質の高さと使いやすさによって、フェラガモファンは世界中にいます。

主力商品である靴を前面に押し出した形ではありますが、バッグや財布なども揃えるようになってきており、近年ではパリコレをはじめ様々なコレクションにも出場し靴だけ、という印象は変わりつつあるのかもしれません。

履かなくなってしまったフェラガモの靴を持っていてただ保管しているだけ、という状態であれば劣化してしまう前に、買取店での売却をおすすめしたいところです。

数が多いようなら、出張買取を利用した方がいいかもしれません。

憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエルメスバーキンですが、バーキンが誕生したエピソードは、エルメスファンでなくても知っている程有名で、イギリス出身の女優で歌手である、ジェーン・バーキンが商品名の由来となっています。

籐で編まれた籠に物をたくさん詰め込んで使っている所を当時のエルメスの社長がたまたま見かけ、彼女の様な人が使いやすく、耐久性の良いバッグを贈ることを思いつき、これがバーキン誕生のきっかけになったそうです。

バーキンといえば、長期にわたって人気が続いている大定番ですから、良い状態のものであれば高額で買い取ってもらえる可能性は高いです。

ブランド品の数が多い、重い、あるいは大きい等で移動が難しい、それから様々な理由により外出できない時は、ブランド買取業者の出張サービスを使うのが、最も合理的でしょう。

大型のスーツケース、または移動させるのが難しい物を売りたくなった人が気軽に利用しています。

自宅に限りませんが、商品のある場所まで業者のスタッフを呼んで査定してもらい、結果に満足なら料金の支払いが行われ、お金を受け取れます。

女性が一人暮らしをしているなど、住居に男性を入れたくない場合、訳を話して、女性のスタッフが訪問してくれるようにしておきましょう。

フリマやネットオークションなど、あまり信用のおけない入手先から購入したブランドの品物をお金に換えるつもりで買取店に査定を頼むと、大変よくできてはいるけど、明らかに偽物である、などという場合、普通すぐに査定員が見つけてこの品物は扱えない、と買い取りをお断りされてしまうはずなのですが、滅多にないこととはいえ、取引が成立したこともありました。

売買成立後とはいえ、悪質と判断された場合は、面倒なことになる可能性もありますので、買取店に売ることを予定しているならなおさら、ブランド品を買う時は正規店などを利用し、ギャランティカードがないものなど、あからさまに怪しい場合は安くても購入を見合わせるなどは最低限、注意しておくべきです。