ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

誰もが知るバーキン、エルメスのバッグとしてで

誰もが知るバーキンエルメスのバッグとしてでなく、ただバーキンとして非常に知名度と存在感のあるバッグであり、商品が世に出るきっかけになったエピソードなども、伝説の様に語られており、知る人は多いです。

商品名は女優兼歌手のジェーン・バーキンに由来しています。

彼女が、物をたくさん詰め込まれた籠を使っているのを目にした当時のエルメスの社長が、何でも次々に、整理しなくても入れられる、機能性の高いバッグをプレゼントさせてほしいと申し出た、というのが名作バッグ誕生のそもそもの発端でした。

稀に見るほど需要の高い商品ですから、物の状態にもよるのですが高い値段がつくことになるでしょう。

手持ちブランドを売ろうと考えた時、買い取り相場を知りたくなるものですが、物によるとはいえ、あまり正確な情報を得られない場合があります。

ところが、有名ブランドのバッグであれば、話は別です。

ネット検索でもかけてみれば相当正確な情報を得られるでしょう。

同じブランドバッグの中でも、絶大な人気の定番商品であればなおさらいつでも人気の高い状態を維持しており、買い取り相場はほとんど変わることなく、予測しやすいのです。

買い取り価格が予想もつかないものとしては、まだ人気がどうなるかもわからないほど新しい商品や、知る人の少ないマイナーなもの、相場のパラメーターである人気が、うつろいやすい流行に依存するアクセサリー、装飾品の類です。

これらの商品に関しては、ネットで相場を調べることは難しいので、お店で査定を受けてみると良いでしょう。

中古ブランド品の売却先をどこにするか、お店選びは重要です。

少しでも高く売りたいなら、その品物がどういうものなのか、それにより業者を変更するのは、なかなか良い手です。

常に需要の高い人気商品、人気ブランドを売りたいなら、即断で大規模店を選ぶのが良く高い値段がつき、買い取ってもらえるケースが多いとされています。

ただ、需要が少ない超マイナーブランド、もしくは低人気商品の場合は大抵の大手ショップでは、マニュアルによって最初から買い取らないことになっている場合が多いため、あまり規模の大きくない中小規模のお店を利用することを考えた方が良いようです。

大手と違い、買い取ってもらえる可能性があります。

手に入れたばかりの新品のブランド品、これを近い将来において売却、換金しようとして業者を利用するつもりでいる人もいるでしょう。

そんな風に思っているなら、ブランド商品が本物であることを示すギャランティーカード(もしくはギャランティータグ)や、買った時についてくる物、外箱から保護袋なども捨てたり紛失したりしてはいけません。

保存を心がけてください。

なぜなら、業者の査定において付属のあれこれがないとなると、結果もかなり変わるだろうからです。

つまり、査定に相当大きな影響があるわけですね。

一番大事なのはギャランティーカード、つまり品質保証書のことですが、これがなければどこのブランドかにもよりますが、査定すらしてくれない可能性もありますから、ブランド品そのものはもちろん、購入時の付属物についてもぜひ、大事に扱うようにしましょう。

当初はパリ郊外にある鞄店だったヴィトンは、今やバッグ、財布など多彩な製品を扱う世界有数のファッションブラントとなりました。

ちなみに、ブランド名は創始者である職人ルイ・ヴィトンからきています。

ルイ・ヴィトン(LouisVuitton)のLとVを組み合わせであるモノグラムを使った、特徴的な模様は華やかで高級感があり、飽きのこないものです。

ヴィトンを好む人たちの年齢には偏りがなく、長く人気を支えていますが、よく出る新作や、限定品の類が人気となることもあり、以前購入し、使っていないヴィトンをブランド品買取店で買い取ってもらい、新製品を買う資金の足しにする、といったことをする人も少なくありません。