ブランドの買取

ブランドの買い取りについて解説していきます・・・

買ったばかりのブランド品を手にするの

買ったばかりのブランド品を手にするのは嬉しいものです。

そんな新品ブランドの購入時、特にこの商品をこの先売却するためにブランド品買取業者を利用する計画を立てているのであれば、ブランド商品が本物であることを示すギャランティーカード(もしくはギャランティータグ)や、ブランド物を買った時に商品に付属していたもの、箱から袋も捨てたり紛失したりしてはいけません。

保存を心がけてください。

買取業者の査定を受ける際、これらがあるかないかで、査定の結果が全く違ってくるということが、よく知られているからです。

一番大事なのはギャランティーカード、つまり品質保証書のことですが、これがなければ商品価値は大きく下がります。

最初から取引してくれないこともあり、ブランド品そのものはもちろん、購入時の付属物についてもぜひ、大事に扱うようにしましょう。

根強いファンの多いバーバリーは、コートとバーバリーチェックで有名なイギリス発の老舗ファッションブランドです。

服飾の印象が強いバーバリーですが、もちろんそれだけでなく、アクセサリーやバッグや香水、カフスやネクタイピンといった小物など色々取り扱っているのですが、やはり軍人、冒険家が使用していたことでも知られ、防水防寒に優れたトレンチコートが最も有名で、人気のある商品であり、もし、バーバリーのコートを買取店で査定に出すなら、大体において、納得のいく査定額に届くことが考えられます。

ブランド品を持つ年齢層は広く、早ければ10代の頃からブランド品を使っている、という人も少なくないのですが、持っているブランド品を買い取ってもらうには未成年の人はできないことになっています。

買い取りを制限される年齢は、店により異なります。

例えば、未成年(20歳未満)は取引不可、というシンプルな所や取引に保護者が同意していることを示す書類を持っていれば未成年の場合でも(ただし18歳以上)取引できるとなっているところもあります。

このように未成年は簡単に利用できないことが多いです。

ブランド品を未成年の人が買い取ってもらうつもりなら、利用前にHPで年齢制限の項目などについて調べておいたほうが良いでしょう。

さもないと無駄足を踏むことになるかもしれません。

これから売却したいと考えているブランド品があり、これを査定に出すとどんな値段になるかともかく簡単な手段で知りたいと考えるなら、携帯電話やスマホを使ってブランド品を撮影し、画像を業者に送って査定してもらうという方法があります。

この方法だとブランド品をどこかに送ったり、持って行ったりしなくてもよく、相当気楽に査定を受けられますので、人気があります。

ところで、写メ査定での金額は暫定的なものです。

どこの業者でも、必ず価格の最終決定前に実物査定があり、それを経てから正式な買取金額が算出されます。

例えば、バッグの中やアクセサリー類の裏側といったように、送った画像で確認できなかった部分にキズがあったりした場合はその分は減額の対象となります。

つまり、実物の状態によっては写メ査定の金額から大きく減額されることもある、ということを覚えておきましょう。

いくつもブランド品を持っている、という人は多いでしょう。

そしてまったく使われない不要の物も出てくるでしょう。

そういった品物を、お店にまとめて売りたい、と考えている人もいるでしょう。

でも、利用する買取店を慌ててどこにするか決定するのはあまり良いことではなく、後で後悔することになりそうです。

どうしてかというと、こういった買取店というのはそれぞれに、割と値段は差が出てきたりするからです。

という訳で、買い取りを行う店は一つに絞らず、複数店から選んで決定するのが、なるべく良い値段で買い取ってもらえる方法です。